台風接近中、本日は宵々山、関係なく水曜会

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

DSCF2502_R.JPG

本日、祇園祭は宵々山、山鉾は全て建てられ、曳き初めを終えて、明日の宵山を過ぎたら巡行です。

烏丸、河原町界隈は、すごい人出でしょうね?(行かん、行かん、人ゴミ嫌い。^^;)
明日の宵山は、夜の人出がピークに達します。(ちなみに、昨年は34万人。^^;)

台風11号は勢力を増して接近しているとのことですが、京都人はあまり心配しません。w
(私、桂生まれ、嵐山住みですので、厳密には京都人ではなく、京都シティボーイですが。笑)

宵山自体、台風が来ようが、ゲリラ雷雨が来ようが、討ち入りがあろうが、中止という概念がありません。(笑)

ゴブラン織や西陣織の文化財の大事な部分にビニールシートがかけられたり、山鉾によっては上れなくなるとか、
早めに閉めるなどということはあるかもしれませんが、祇園囃子が奏でられたり、粽を購入したりするのは基本テントの中です。

既に山鉾は組み立てられてますし、室内で観覧する行事も多いため、まったく問題はないのです。
大雨の時もありましたが、人出はさすがに減るものの、それでも相当混雑してましたよ。w

では、17日の山鉾巡行はどうでしょうか?

基本的に山鉾巡行は、小雨決行、大雨強行!というモットーがあります。(笑)
戦後の祇園祭の巡行には、順延はありません。(キッパリ)
注:先の大戦といっても、応仁の乱ではありません。w

ちなみに、17日午前5時半時点での気象庁の気象情報発表後に、実施か中止かが決定されます。
もしも台風が直撃すれば、風にあおられ危険ですから、中止になるでしょう。

が、実は、祇園祭の記録上、天候理由で取りやめになったことはないのですよ。w
過去には明治17年に、大雨のため道路がめちゃくちゃになって、一日順延したことがあったきりです。

祇園祭に台風直撃?そんなアホな天変地異、ありえへんしwなどと京都の人は思ってしまうのです。(笑)

四神相応の王城の地、神仏の加護があることでしょう。w
ゆえに安心して、今宵はオリジナル芋焼酎「神護」でも、酌み交わしましょうぞ。(笑)

嵐山はこの時期すいていて、本日は予約カウンセリングもヒーリングもなし。w
かといって、原稿書きは進まず、構想は混沌としてますので^^;早目に料理に掛かりました。

今日も大変暑いので、夏バテしないよう、またひんやりとしたものもよろしかろうと考え、料理ました。
早目のご来客に備えて、冷やすべきは冷やしておきましょう。^^

今宵の水曜会メニューは、以下の12品です。

1.ひんやり、湯がきモロヘイヤと紀州梅干しの叩きダシ和え。
2.壬生菜と豆腐、すり胡麻の白和え。
3.冷やした乾煎りズイキの胡麻三杯酢和え。
4.生姜たっぷり揚げ出しナス。
5.鶏のレバー刺し、塩胡麻油掛け、ネギ散らし。
6.鶏のレバニラ、ニンニク、卵のオイスターソース炒め。
7.豚の角煮、とろみ餡。
8.鶏の骨付きもも肉のローストチキン。
9.鶏の胸肉の明太子・大葉はさみカツレツ。
10.アサリの酒蒸し。
11.サバの生姜味噌煮。
12.ニシンの山椒照り焼き。

龍彌は人力車の仕事に行ってますので、疲労回復に、さり気に水素水を持たせてやりましょう。^^
私は活性酸素の除去に、これを冷やして、水割りから始めようかな?w

水素水を飲むと、肝臓から放出されるホルモンFGF21が増えることがわかりました。
FGF21は、脂肪燃焼をはじめとするエネルギー代謝を活発にするホルモンなので、水素水を摂取すると
体脂肪が増えず、脂肪肝にもならず、中性脂肪も増えすぎず、血糖値もあがらないとか。^^

調べたら、効能の数、多過ぎ。^^;
糖尿病、血液・循環器系疾患、アトピー性皮膚炎、ぜんそく、関節リウマチなどのアレルギー性疾患・免疫疾患、
認知症、アルツハイマー病、痴呆症、パーキンソン病をはじめとする神経疾患、筋ジストロフィーなどの筋疾患、
肝臓、腸、膵臓、呼吸器の疾患、新生児・小児の疾患、眼疾患、歯周病、白内障、ストレス性胃潰瘍、
放射能や紫外線による健康被害の軽減などとありましたわ。w

もう少し、安いと助かるのだが。(小市民、笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">