カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所

トップ カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
カウンセリング カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
カウンセリング・心理療法・行動療法
気功・整体・ヒーリング
風水
占い・運気開運・相性
コンサルタント カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
企業研修セミナー
企業顧問・プライベート顧問
気の科学体験講座 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
講座の説明
過去の講座
法則講座
ヒーリング講座
お役立ち!話のおもちゃ箱 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
アラカルト
コンセプト
ヒーリング
身近な仏教用語
気の科学研究所 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
研究所案内
相談内容一覧
グッズ案内
お問い合わせ

気の科学体験講座

お知らせ
FACEBOOK
アクセス
×15年 10月度 「気の科学」体験講座

2015年 10月度 「気の科学」体験講座

朝の風情、夕暮れの風情、虫の声にも、秋を感じる候になりましたね。
暑さ、寒さも彼岸までで、9月23日の秋分を過ぎれば、昼間の暑さもなく、
朝晩冷えが進むことでしょう。

二十四節気では、今年も、10月8日が寒露(かんろ)。
この頃になると陰気が増長し、降る露が寒涼になるという意味です。
早朝、草木の葉先に白玉の露が宿り、朝陽にキラキラと輝いているのを見ると、
まさに秋の陰の気が、美しく凝った宝玉のようですね。

「秋は夕暮、月の頃は更なり。」と枕草子冒頭文にありますが、秋は夕暮が美しく、
空気も澄んで、夜空の月もまたさらに美しくなります。
美しいものは、愛しいもの。「いとしい」とも「かなしい」とも読める愛しさゆえに、

切なさも秘めているのかもしれませんね。

綺麗は外面的な清潔さ・鮮やかさを示す言葉ですが、美しいは心を打つ内面の好ましさを含みます。
綺麗な空気とは言うが、美しい空気とは言わないもの。
美しい友情と言うけど、綺麗な友情とは言わないですね。

陰陽五行論では、秋は西方金気、その情は悲です。何かにつけて、センチになりやすい季節です。
古人はそうした悲哀感を慰めるべく、行楽に出かけたのでしょうか。
「ことごとに悲しかりべしこそ、秋の心を愁いと言ひけれ。」藤原季通。

思い起こせば18歳の頃から、秋になると、夕暮時には、鬱的な心気に落ち込み、
哀しく淋しくてやるせなく、やりきれない気持ちが、ずっと続いていたものでした。^^;
この夕暮病、黄昏(たそがれ)病の自律、克服には10年ほど掛かりましたが、
レッキとした「サンセット・シンドローム」という症状だったとは、30過ぎまで知らなかった。^^;

それから苦節30年余り^^;還暦を過ぎた今でも、秋は感傷に浸りやすいシーズンですが、
皆さんも春と秋は感情の乱れや気分の落ち込み、心の病にはご用心くださいね。^^;

こんな季節には、秋晴れのように、晴れ渡る心で居たいものですね。^^

心の中が陰気になると、淋しさや哀しさが増すようです。
行楽の秋と云いますが、待っていずに、行動して、歓びと楽しみを創りましょう。^^v

通常、私の場合は、梅雨時と晩秋には、たいてい空の旅にて天空を眺め、タイやバリに降りて、
熱帯の陽気を味わうことで、脳のクリーニングをしてきたものですが・・・
今年も未だ予定が立たず、円安、物価高騰はタタリ、どうなることやら?w

ま、日本に居るなら、食欲の秋、秋の実りに舌鼓を打ち、甘露(かんろ)の酒を飲むも好し。
憂いを掃う玉箒、百薬の長となる飲み方は、度を過ごさず、歓談して楽しむことですね。^^

天高く、馬肥ゆる秋、と申します。
哀しいことに食欲も進みますが(笑)メタボにならぬよう、でんぷん・糖質の摂り過ぎにもご用心を。w

でんぷん・糖質のカットにより、血糖値、尿酸値、中性脂肪ともども正常値に復活し、

けっこう心身は軽くなるものです。
まして現在、癌や生活習慣病を治療している人には、ぜひとも勧めたいところです。

癌細胞はブドウ糖をエサにして育ち、ケトン体を嫌います。
人間、でんぷん・糖質を摂らなければ、ブドウ糖をエネルギー源にできず、
脂肪を分解したケトン体がエネルギー源になります。
甘みが欲しければ、糖質0の羅漢果粉末を使うと良いですね。

料理で、玄妙なる道の理を料(はか)る営みも、食の大事で、かつまた楽しめるものです。^^

寒暖の差や心身の乾燥に注意して、潤いと歓談を楽しみに来てください。^^v

10月度 「気の科学」体験講座

■とき 2015年 10月10日(土)
第2土曜 午後2時から午後4時半まで

■ところ 桂西口会館(阪急桂駅より徒歩2分)1F
TEL:(075)381−4119

■受講料 5,000円(会員以外の方は6,000円となります)

■内容
1 気光の実習 体の調子を整え、気力・体力を高めるには
調気功 スワイショウI II
抜長法 寝際に行う究極のリラクゼーションと自己ヒーリング
養気功 懐中覧月功 心身を調え、気を強化する法
練気功 二極陰陽天地功 気を練り操る法
気感交流 リラクゼーションとリフレッシュ
「気」を巡らせ、気感と自然治癒力を高めよう。
経絡気功治療法 二点一字法の応用 揺らぎの癒し法

2 講話
悲哀の憂いや、イライラも静まる皮膚への刺激について
気血水を動かし、冷えや苦痛を治す経絡指圧法
胃腸や副腎の調子を良くし、免疫力を高める、手三里と曲池のツボ刺激
副腎系に右合谷、膀胱系に左合谷を用い、陰陽の経絡に気を通す法
肌と肺に良い湿度60%前後の環境作り
未年、戌月の刑と変化を因果律上うまく活用するには
1,4,7,10月に働く仏縁とその活用

3 瞑想実習
呼吸のたびに心をクリーニングし、自在な自分を創ろう
リラクゼーションと集中のための気光呼吸法
意識と呼吸を用いる小周転法
チャクラへの集中観
光との入我我入
仏頂尊光明瞑想

※ テキストをお持ちの方はご持参下さい。

※ 当日はリラックス出来る服装でお越し下さい。

◎ 気功と講話の間に休憩をとります。その間、お体の調子の悪い方はお申し出ください。
無料で、不調の消えるヒーリングを施術いたします。

※ 親しい方とお誘い合わせの上、多数のご来場をお待ち申し上げます。
新しく参加される方と同行して頂ければ幸いです。

◎ 無料懇親会を例によって講座終了後、嵐山自宅にて行います。
お時間の許すかぎりご遠慮なく、お食事、ご歓談ください。
「秋の燥邪を防ぐ料理」を味わいつつ、秋晴れの心で、夜を楽しみましょう。^0^


                 COPYRIGHT(C)2008 気の科学研究所 ALL RIGHTS RESERVED.