カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所

トップ カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
カウンセリング カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
カウンセリング・心理療法・行動療法
気功・整体・ヒーリング
風水
占い・運気開運・相性
コンサルタント カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
企業研修セミナー
企業顧問・プライベート顧問
気の科学体験講座 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
講座の説明
過去の講座
法則講座
ヒーリング講座
お役立ち!話のおもちゃ箱 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
アラカルト
コンセプト
ヒーリング
身近な仏教用語
気の科学研究所 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
研究所案内
相談内容一覧
グッズ案内
お問い合わせ

お役立ち!話のおもちゃ箱

お知らせ
FACEBOOK
アクセス
104:十二直(じゅうにちょく)について

暦の中段には、「たつ」「のぞく」「みつ」「たいら」「さだん」などのひらがなが記されていますね。
これは、「十二直(じゅうにちょく)」といわれるものです。
「十二直」は一般に運勢暦の中段に書かれるため、単に「中段」とも呼ばれます。

「十二直」の「直」は、「当たる」という意味を持っていて、よく当たる暦注だと永い間信じられてきました。

日本に於ける「十二直」の歴史は古く、飛鳥時代〔592〜628年)から、昭和の初期まで、かれこれ1300年
あまりの間、ずっと最も一般的な日々の吉凶判断でした。

「大安」「仏滅」「友引」などの六曜は、江戸時代末期から流行り始め、第二次世界大戦後に再び大流行して、
今日の風習となったものです。
「祝い事はなるべく大安に」「仏滅には祝い事も法事もしない」「葬式は友引の日に出さない」などの風習は、
「六曜」によるものですが、まだ歴史は浅く、「十二直」は古くから永く使われてきた歴史あるもので、今でも、
神社の神事や、地方の風習には、「十二直」が使われているものがあります。

例えば、今日でも建築業界では、上棟式(家屋の棟木を上げるにあたり工匠等が神を祀って行う儀式)には、
「十二直」の「たつ」「みつ」「たいら」「さだん」「なる」「ひらく」の日を選ぶことが風習になっています。
工事には、人身事故が起きないよう、また台風、土砂崩れ、地震などの自然災害に遭わないよう、
匠も施主も心を合わせて祈るわけですから、良き日を選びたいのは当然で、悪い日に施工して後でトラブルに
なっては大きな損害となりますからね。^^;

北斗七星は古代から畏敬の念を持って見られた星座の一つですが、この星の動きを吉凶判断に用いた
のが「十二直」です。
柄杓の形をした北斗七星の柄に当たる部分(斗柄)が、北極星を中心にして天球上を回転することから、
これに十二支による方位と組み合せて十二直を配当するのです。
信仰され、畏敬された北斗七星に由来するからこそ、「十二直」は1300年余りも永い間、日本人に
信奉されてきたのでしょう。

十二直の始まりは「建(たつ)」です。
冬至の頃(旧暦11月)に北斗七星のひしゃくの柄の部分が真北(子)に向くため、この日を「建子」の月と
しました。
そこで旧暦11月節(大雪)後の最初の子の日を「建(たつ)」と定めたのです。

このように、十二直は、節月と日の十二支によって定めるもので、節月ごとに、
その月の夕刻に斗柄が向いている方位の十二支と、日の十二支とが同じになる日が「建」になるように
配当します。
なにやら、霊験アラタカナ感じがするでしょう?〔笑)

十二直(じゅうにちょく)について

例えば、2012年8月の「建(たつ)」の日を出してみましょう。
今年は8月7日が立秋で、旧7月節となります。
旧暦7月節は、立秋後最初の申の日を探し、8月15日が最初の「建(たつ)」の日となります。
後は12日毎に巡りますので、8月27日が「建(たつ)」の日になります。

なお、12の節気の日には前日の十二直を繰り返します。
こうすることによって、1年たつと順々にずれた十二支が元の組み合わせに戻ることになります。

例えば、2012年8月7日の立秋は、前日の6日の十二直と同じ「定(さだん)」となり、2日「さだん」が
続きます。

単純に十二直を繰り返すのではなく、こうして節気ごとに少しずつずれていくことが、十二直の吉凶の
神秘性を生み出し、それによって庶民の間で根強く人気があり続け、よく当たると信じられて来たのかも
しれませんね。^^

さて、では、諸説ありますが、「十二直」の語と意味、吉凶を述べておきましょう。

十二直 読み 吉凶 意味

たつ

物事を始めるのに良い日で、神祭り、棟上、衣服の着始めは大吉。ただし結婚、土木工事は凶。

のぞく

不浄や悪を除く日で、掃除、治療、種蒔きに吉。ただし婚礼、旅行、金貸しは凶。

みつ

万物満ち溢れる日で、何事も控えめがよし。旅立、移転、婚礼、種蒔き、祝い事には大吉。土木工事、針灸を忌む。

たいら

万事を公平に分け与える日で、万事に用いて吉、婚礼は大吉。種蒔き、川溝掘り、土を掘ったり埋めたりする動土を忌み、犯せば災いありとされる。

さだん

小吉

物事が定まる日で、売買、縁談、結納などの約束事や結婚の祝い事、種蒔きに吉。訴訟、旅行、動土は凶。

とる

小吉

万物を執りたつ(裁決する)日で、婚礼、種蒔き、五穀の取り入れ、井戸掘り、増改築に吉。旅行、財産整理、金銭その他の持ち出しは凶。

やぶる

この日に戦えば必ず傷つく日で、契約、交渉などの約束事は凶。神仏を祀ったり、婚礼や祝い事は大凶。訴訟や談判はよしとされる。(解せぬ。^^;)

あやう

何事も危険を伴う日で、万事に注意が必要。旅行、登山、開店、開業は凶。祝い事や祭礼は吉とされる。

なる

小吉

物事が成功する日で、婚礼、種蒔き、移転、普請、開業、祭礼に用いて吉。結納に大吉。訴訟、交渉ごとは凶。

おさん

小吉

万物を取り納める日で、穀物や作物の取り入れ、質の取り入れ、買い物、新築などに吉。旅行、移転、見合い、婚礼、葬式は凶。

ひらく

半吉

運気を開く日で、開業、出張、普請、結婚ごとに吉。葬式、便所造りなど不浄ごとは凶。

とず

閉じ込める日で、金銭収納、墓作り、便所作り、壁や襖の穴ふさぎなどは吉。旅行は凶。 開店や結婚など祝い事は全て凶災ありとされる。

旧暦を使っていた時代には、「十二直、このかしら字を覚ゆべし。たのみたさとや あなおひと」という歌が
あったそうです。

永い歴史の中で、よく当たると信奉され、日の選択に用いられて来た「十二直」ですが、日の作用や吉凶
など、要は迷信に類することです。^^;

ただし、風習として儀式や当地のしきたり、人への気配りを重んじ、出処進退に心を強めたり、律として
自分の生活や行動を守ることは、大事なことですね。

干支や九星、二十七宿などは、各々個人によって、日の選択に効果や作用が違うものですが、よく学習
しないと活用が専門的で難しいものですから。^^;
よく学習してもなお、その日と行動の良否は、絶対的に判別することはできないものです。。
良い日に着手、実行しても、その人の因縁や諸々の複合要因によって、また実行の仕方によって、
ことの成否は分かれるものです。

陰陽、吉凶、災福、いずれも糾える縄の如し。人生、万事、塞翁が馬。されど、後悔、先に立たず。^^;
要は気と心の用い方ですが、自他共によしと思える選択・決意が、大事だと思いますよ。
大事な日取りであるからこそ、無事成功を期して、色んな観点から考察し、縁起や風習も活用する
ことが効果的ですね。^^


                 COPYRIGHT(C)2008 気の科学研究所 ALL RIGHTS RESERVED.