カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所

トップ カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
カウンセリング カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
カウンセリング・心理療法・行動療法
気功・整体・ヒーリング
風水
占い・運気開運・相性
コンサルタント カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
企業研修セミナー
企業顧問・プライベート顧問
気の科学体験講座 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
講座の説明
過去の講座
法則講座
ヒーリング講座
お役立ち!話のおもちゃ箱 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
アラカルト
コンセプト
ヒーリング
身近な仏教用語
気の科学研究所 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
研究所案内
相談内容一覧
グッズ案内
お問い合わせ

お役立ち!話のおもちゃ箱

お知らせ
FACEBOOK
アクセス
19:眼精疲労の即効治療

眼精疲労の即効治療
春先から夏にかけては、木気の目が異常をきたしやすい時期です。

目がショボショボするとか、目がしぶくなったという症状が始まりで、
やがて目がかすんだり、光がまぶしく、しみる症状となり、
ついには目の奥が痛み、頭痛、肩こりまで起きて、集中力がなくなってしまう。

これが、眼精疲労の一般的な進行順序です。

目は脳神経に直接支配されていますから、目の疲労は、そのまま脳の疲労になり、
やがて、交感神経や副交感神経のバランスをくずします。

それが精神的、肉体的な疲労と重なって、頭痛、肩こり、精神不安などの色々な
全身症状が出てくる因となります。

眼精疲労には、目の休養とビタミンB(ウナギやシジミなどに多いよ)の摂取が必要ですが、
第一には、これ以上の疲労を重ねないことです。

朝の鮮やかな緑ある風景を、ゆっくり楽しみ、目を和ませて・・・
自然と目尻の下がるようなお相手とお手手つないで・・・
昼は、うな重、食べようね。いい?(妄想中爆!)

むむう。休養と栄養とって、心身の疲労をリフレッシュするって、難しいなあ。
^^;

仕方がないから、目が疲れたら、次のことをしてみましょう。^^

先ずは、目の気功指圧です。

眼窩の縁に指を当て、1,2分間、眼窩を四方八方に押し広げるようにマッサージします。

そのあと、後頭部の、目の真後ろに当たる部分にある隆起の先端から、
左右に2cm辺りを、中指で1分くらい、グリグリと押し込みます。

次に、左右の天柱(後頭骨の下のくぼみ、いわゆる「ボンのクボ」の脇の
盛り上がった筋肉(僧帽筋)の外側で、髪の生え際を少し入ったくぼみ)に、
両手の親指をそれぞれ当てて、押さえるようにして、アゴをいっぱいに上げます。

これは、2,3回繰り返してください。

これだけのことで、仕事や勉強中の目の疲れが、一応取れますよ。^^

家に戻ったら、次のツマヨウジ針治療を加えて、目の疲れを全て取り去りましょう。

1.眼窩点:眉毛の頭と尻尾、眉毛の中央上部、目尻、目の下の中央など、目の周りの5点
ツマ楊子を5,6本束ねて、輪ゴムで止め、先をそろえたもので、1点30秒くらい軽くつつきます。

2.左右の上関(じょうかん):目尻と耳の中間、メガネのツルの当たる頬骨弓の上縁で、深いくぼみの中央
束ねたツマ楊子針で、10回、少し強めに押します。

3.左右の天柱:さっき、述べたね。^^
束ねたツマ楊子で、少し痛いくらいに強く、それぞれ5,6回ずつ、繰り返して押します。

目の奥まで痛む方は、次の行間(こうかん)を押すと、痛みが取れますよ。^^v

患側(疲れや痛みのある側)の行間:足の親指と次の第二指の間の股、ちょうど下駄の鼻緒の当たるところで、足底と甲の皮膚の境目の中央
ツマ楊子1本で、少し痛いくらいに押し込み、痛みが取れるまで、繰り返してください。
なあに、10回や20回以下で、普通は痛みは取れちゃいますから。^^

目が疲れることを、長時間続けねばならないときは、金銀シールか11円療法が効果的です。

上記の「上関(じょうかん)」の左右どちらかに、金シール(10円玉)を貼り、
もう片方に銀シール(1円玉)を貼るだけです。

ちなみに、金銀気光シールを、メガネのツルの上関に当たるところに貼っておくと、
目が疲れず、目の不調がなくなったと言う方が多いのですよ。^^


                 COPYRIGHT(C)2008 気の科学研究所 ALL RIGHTS RESERVED.