カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所

トップ カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
カウンセリング カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
カウンセリング・心理療法・行動療法
気功・整体・ヒーリング
風水
占い・運気開運・相性
コンサルタント カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
企業研修セミナー
企業顧問・プライベート顧問
気の科学体験講座 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
講座の説明
過去の講座
法則講座
ヒーリング講座
お役立ち!話のおもちゃ箱 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
アラカルト
コンセプト
ヒーリング
身近な仏教用語
気の科学研究所 カウンセリング|ヒーリング|気功|京都 気の科学研究所
研究所案内
相談内容一覧
グッズ案内
お問い合わせ

お役立ち!話のおもちゃ箱

お知らせ
FACEBOOK
アクセス
18:ものもらい(麦粒腫)の即効治療

ものもらい(麦粒腫)の即効治療
「ものもらい」は、まぶたのふちや内側に黄色ブドウ球菌などの細菌が感染して起こるもので、
医学的には「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と呼びます。

まつ毛の根元にある脂腺が可能して、炎症を起こしたモノです。

やがては膿み、破れて治るモノですが、自然治癒を待つには、それまでの間が痛がゆく、
うっとうしい困りモノですね。

対処を誤まると、細菌が増殖を繰りかえしてタタリ為し、
痛みの強い化膿性炎症などを引き起こしかねません。

春からは目を病みやすい時期ですが、最近、黄砂も多いので、
かゆくて素手でゴシゴシやると、炎症がヒドクなりますよ。^^;

プールや海水浴のシーズンなどは、麦粒腫は、特に注意したい目の疾患のひとつです。

「ものもらい」は共通語ですが、主に東日本語ですね。
関西では、「めばちこ」や「めいぼ」などと呼んでいます。
「めこじき」「めぼいと」などと呼ぶ地方もありますね。

さて、古来の呪による、即効治療。(爆)

「三軒の家から米をもらって食べるとなおる」(福島県東白河郡)
「よその家へ乞食に行くと、めこじき(ものもらい)が治る」(岐阜県土岐市)

そんなもんで治らんってば!(ーー;)

「ものもらい」や「めこじき」・「めぼいと」(いずれも、目乞食。)等の語源は、
「これを治すために人からものをもらう」という無薬の治療行為と結びついて生まれたようですね。

ものもらいはできてないけど・・・ものは要らんが、愛ある安らぎが欲しい。(独り言。。。)

実は、「ものもらい」には、これ以上はないというほどは早く治せる治療法が、タバコ灸です!

患側(悪い方)の二間(じかん)という特効点を用います。

手の親指を上にして、人差し指を曲げ、指先から2つ目の関節にできる折ジワの先端が、二間です。

この二間に、タバコ(線香をまとめても良い)の火を近づけ、熱っ!と感じたら、サッと離してください。

こうして、タバコ灸を、10回から15回、繰り返すだけです。

この治療をすると、妖怪「ものもらい」は、そのまま消えてしまうか、
逸早く膿んでつぶれ、治ってしまいますからね。^^v


                 COPYRIGHT(C)2008 気の科学研究所 ALL RIGHTS RESERVED.