気の科学研究所からのメッセージ

img_001-2

気の科学研究所では、あらゆる問題や不調に対して、
多角度からの分析を講じてプロファイルし、総合的効果的な解決を提供します。
どうすれば良いのか分からない問題や、人間関係や先行きの悩み、
どこへ行っても良くならない不調や心身の悩みのある方はどうぞご連絡下さい。
遠くの方は、メールや手紙、電話による相談にも応じていますので、
お気軽に問い合わせ下さい。代表が、責任をもってお答えします。

—————————————————————————————————————————————
人生には、その人固有のプログラムがあり、ステージテーマがあり、
メカニズムが働いています。
自分は今どういう人生のポイントにあり、どうすればうまく行くのか、
あなた自身の傾向と課題、その対策をぜひお知りください。
自分自身の人生のプログラムと運気律、効果的な自己実現方法を知れば、
幸福と願いが成就するための効果的な手立てが見つかります。
詳しくは、左の「カウンセリングページ」をご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
家庭や人間関係の問題は、性格・役割・宿縁・環境などの条件を
精密にプロファイルすれば、上手な係わり方が分かります。
数理的に9,10,12,27,60サイクルの運気律を活用すれば、
自他と情勢をより良くする手立てが見つかります。
年々、月々、移ろってゆく情勢の中で、大事な時機とチャンスを手遅れなく掴み、
行動していただきたいものです。
貯金でも結婚や設立、転職でもそうですが、縁と時機の因縁・因果は、
これからの人生を豊かにする大切な要素となります。
詳しくは、左の「運気開運・相性」ページをご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
生きていることは、何か苦を伴うものですが、
心身の苦痛は、生の喜びや楽しみを損なうものです。
心身は総合的有機的なもので、複合要因から成り立っています。
例えば根本要因が永い期間の改善を要するものでも、作動要因を処置すれば、
苦痛や支障は大きく軽減できるのです。
痛みや不調は、どうか諦めずに、複合的に相乗効果ある手立てと手当てを
行なっていただきたいものです。
詳しくは、左の「ヒーリング」ページをご覧になって下さい。

お知らせ

詳しくはこちら
2020年2月19日 嵐山の観光客少なく、本日は雨水にて、水曜会 昨日の京都は未明から午前は雪が降り、朝は雪が積もってました。 雪景色を見に行こうと、妻に曳かれて散歩しましたが、流石に人は少なかったですね。w 新型コロナウ...続きを読む
2020年2月12日 温故知新で陰陽の気を考えつつ、本日は水曜会 このところ、朝の愛宕山が白く雪化粧しており、寒気を強く感じます。 嵐山東公園を散歩してると、老若男女を問わず、けっこう運動してる人が多いものですね。 軽い運...続きを読む
2020年2月8日 イレギュラーな亡失事件が解決し、本日は2月度 の気の科学体験講座 2月9日までは宿曜陵逼(すくようりょうじ)期間にあって、イレギュラーな事態の発生に用心すべき期間ですが、水曜会の翌日、月日に空亡重なる日でしたが、大いな...続きを読む
2020年2月5日 庚子年が開き、三日後に二月度の気の講座を控え て、本日は水曜会 昨日、立春を迎え、庚子(かのえね)年が開きましたね。 節分と言えば2月3日、立春は2月4日と錯覚されてますが^^; 2003年の立春は2月3日でしたし、翌年の...続きを読む
2020年1月22日 本日は甲子日、大黒天祭にて水曜会。 今日22日は、甲子の日で、大黒天祭ですね。 折しも水曜日なので、料理も考えてアップせねば、ですが、来週の1月納めの水曜会は、ブログ?アップはできません。^^...続きを読む

2020年 3月度 「気の科学」体験講座のご案内

★日時:2020年3月14日(土) 第2土曜 午後2時から午後4時半まで
★講座:2020年「3月度 「気の科学」体験講座」
———————————————————————————————
気のニューテキストには、奇経・交会穴・特効点治療を組み合わせた、
効果的なパワーシール・鍼灸・指圧療法が載っています。
症状別に全てが網羅してありますので、ニューテキストを活用してくださいね。
受講生、及び会員の方は 更新時に1冊無料進呈。会員以外の方は、
1冊1万円で、気を込めてお届けします。

今月のお話

冬は空気が乾燥するものですが、インフルエンザウィルスは湿気に弱いので、暖房の際は加湿が大事です。
そうした意味からも、冬の鍋物は良いものですね。^^

空気が乾燥すると、体表の水分が発散しやすくなり、水分が体からどんどん蒸発していくので、
うまく水分を補給しないと、水分不足による影響がでてきますよ。 ^^;

乾燥の引き起こす症状は、むくみ、頻尿、鼻水、関節の痛み、
胃の荒れ、皮膚のかゆみなどです。

この時期、こうした症状が出れば、身体の水分の不足を疑う必要があります。
また、体の水分量が減ってくると、血液が濃くなり、血流 ・ 血行が悪くなります。
この時期、血圧が高くなったり、脳梗塞などが増えるのは、冷えと相まって、水分不足の影響があるからなのです。

人間は空腹には敏感なのですが、乾きにはわりと無頓着なものです。
かなり体が乾いてこないと、水分が足らないという実感がもてないのですよ。^^;
事実、暑いと水を飲みたくなりますが、寒くなると、身体の水分が足りなくなっても、意外と水を飲みたいという気が起こらないものです。

しかし、くちびるや、口の周りを触ってみて、かさかさと乾燥してきたら、
体はもう乾いていることの証明です。^^;

乾きに対して対策を講じるべきだよー。意識して水分を補給してよー。」って、
お口はモノ言わぬ言葉を語りかけているのです。(笑)

体が乾いてくると、頻尿になります。
しょっちゅうトイレに行きたくなり、そのくせ、一回の量は少ないのです。

これは体の水分量が少ないために、尿の成分が濃くなるので、あまり尿が溜まらないうちに尿意が起こるからです。
トイレの回数が増えるので、水分をひかえる人が、よくよく居ますが、これは全く逆療法ですよ!

上手に水分を摂っていけば、却ってオシッコの回数は減ってくるのですよ。^^
頻尿になってもそのまま水分を摂らないでいると、残尿感があるようになり、常にトイレに行きたいような感じになります。
そして、だんだんむくむようになります。 ^^;

これは病気というより、未病に属し、「水虚」という水分の足らない状態です。

この時期のむくみは、体が、少ない水分を惜しんで、体内に水分を溜め込むためにむくむのです。
むくみがあるのに水の補給を怠るのは、税金や経費の支払いを惜しんで、収入をカットするようなものです。(爆)

水太りでなくても、むくみのある方は多いものです。
スネの内側を、ぐぐぐぅっと強く押し込んでみて下さい。
皮膚のへっこみが、すぐに戻らないなら、リッパに、あなた、むくんでいます。(爆)

飲み物を多く摂っていけば、頻尿は治っていきます。

ただ、初めのうちは、少ない水分でやりくりしていた癖が体に未だありますので、
水を飲んでもどんどん出ていってしまいますが、一週間から10日ぐらいで、
回数が減って一回の量が多くなる、という状態になります。

飲むなら、沸かさない水がベストです。
お茶は、なるべく水出しにしましょう。

なぜなら、沸かした水には酸素が昇天してしまってて、体内に留まることなく、24時間以内に排出されてしまうからです。
そうすると、体の水は濁ったままで、新しい水は出て行くばかり。^^;

人体を池に例えると、入る新鮮な水を逃がして、古く汚くよどんだ水が残り、ヘドロが生じることになります。^^;
このヘドロが、漢方でいう「湿」の状態です。
舌を診ると、べっちょり白い苔が乗っています。
この苔が、黄色くなってきたなら、さらに水が乾燥蒸発して、ヘドロが害を為す「湿熱」という状態になったことを証明しています。

ここまでくると、必ずタタリが生じて、不調があるものです。(笑)

酸素を含んだ新鮮で沸かさない水は、7日から2週間体に留まり、色々な代謝に役立ってくれます。
よく酒や緑茶、コーヒーを飲む方は、利尿作用で体が水を欲しますので、意識してよく水を補給しましょう。
日本酒やワイン、焼酎ロックなどを飲む場合は、チェイサーに水を小まめに補うようにしましょう。

肌の保湿、体内からの保湿に必要なのは、タンパク質と良質の油です。
肉や魚、卵などの動物性タンパク質、豆腐や納豆などの大豆製品で、タンパク質を摂りましょう。
中でも赤みの濃い牛肉やラム肉はミネラルも多く含んでいるので効果的です。

また、水分を蓄えておくには油の力も必要不可欠です。
旬の魚に含まれるDHAやEPA、オメガ3を多く含む良質の油を摂るよう心がけて行きましょう。

オメガ3系脂肪酸の代表、α-リノレン酸は、人の体内で作ることができないので、亜麻仁(アマニ)油や荏胡麻(エゴマ)油を用いるのも良いですね。
ただしオリーブオイルと違って、加熱すると壊れるのでご用心を。w
この季節ならほんのりと温めた豆腐に、キムチを乗せて、こうしたオイルを垂らすと良いですね。^^

新着情報

2019/04/23【アラカルト】座るときちょっと意識するだけで、姿勢や出力が良くなる秘訣

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】自他をより良く変える21日行の勧め

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】群を抜きんでる、早着の行

詳しくはこちら

リード・アゲイン

「アラカルト」 59:2月にお勧めの3大食材

詳しくはこちら

「アラカルト」 63:生食によし春キャベツ

詳しくはこちら

「ヒーリング」 26:お子様の鼻づまりに、特効治療「上星・印堂」を

詳しくはこちら

「ヒーリング」 37:鼻づまり、蓄膿症の特効治療

詳しくはこちら

「ヒーリング」 34:高血圧のために

詳しくはこちら

研究所概要

詳しくはこちら
研究所名 気の科学研究所
所在地 〒616-0021
京都府京都市西京区嵐山森ノ前町5-27
TEL 075-861-6230
FAX 075-864-6436
受付時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
代表者 福田龍博
業務内容 あらゆる問題の解決に対する個別カウンセリングとコンサルタント。
あらゆる心身の不調に対するヒーリング。
企業研修、接遇研修、自己開発セミナー、法則講座・ヒーリング講座など各種学習会。

大きな地図で見る