気の科学研究所からのメッセージ

img_001-2

気の科学研究所では、あらゆる問題や不調に対して、
多角度からの分析を講じてプロファイルし、総合的効果的な解決を提供します。
どうすれば良いのか分からない問題や、人間関係や先行きの悩み、
どこへ行っても良くならない不調や心身の悩みのある方はどうぞご連絡下さい。
遠くの方は、メールや手紙、電話による相談にも応じていますので、
お気軽に問い合わせ下さい。代表が、責任をもってお答えします。

—————————————————————————————————————————————
人生には、その人固有のプログラムがあり、ステージテーマがあり、
メカニズムが働いています。
自分は今どういう人生のポイントにあり、どうすればうまく行くのか、
あなた自身の傾向と課題、その対策をぜひお知りください。
自分自身の人生のプログラムと運気律、効果的な自己実現方法を知れば、
幸福と願いが成就するための効果的な手立てが見つかります。
詳しくは、左の「カウンセリングページ」をご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
家庭や人間関係の問題は、性格・役割・宿縁・環境などの条件を
精密にプロファイルすれば、上手な係わり方が分かります。
数理的に9,10,12,27,60サイクルの運気律を活用すれば、
自他と情勢をより良くする手立てが見つかります。
年々、月々、移ろってゆく情勢の中で、大事な時機とチャンスを手遅れなく掴み、
行動していただきたいものです。
貯金でも結婚や設立、転職でもそうですが、縁と時機の因縁・因果は、
これからの人生を豊かにする大切な要素となります。
詳しくは、左の「運気開運・相性」ページをご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
生きていることは、何か苦を伴うものですが、
心身の苦痛は、生の喜びや楽しみを損なうものです。
心身は総合的有機的なもので、複合要因から成り立っています。
例えば根本要因が永い期間の改善を要するものでも、作動要因を処置すれば、
苦痛や支障は大きく軽減できるのです。
痛みや不調は、どうか諦めずに、複合的に相乗効果ある手立てと手当てを
行なっていただきたいものです。
詳しくは、左の「ヒーリング」ページをご覧になって下さい。

お知らせ

詳しくはこちら
2019年12月11日 紅葉終え、嵐山花灯路と12月度の講座を控えて 、本日は壬午の水曜会 3日後に12月度の気の科学体験講座を控えて、納めの月例講座ですので、今年の総まとめを実践し、また翌年新しい観点と技法の展開を期してご披露したい技法を...続きを読む
2019年12月4日 12月入り、納めの月、最初の水曜会 12月に入って早や4日目で、7日の大雪からは子の月に入りますね。 どーも、日にちの経つのが速過ぎて、何かに追い立てられてるような気がします。^^; 1...続きを読む
2019年11月27日 日も短くなり、本日は11月最終水曜会 11月も最終週になり、冬至を目掛けてどんどん日が短くなって行くのを感じますね。w 9月1日の日の入りは18:24だったのに、一日毎に1,2分ずつ日の入りは早...続きを読む
2019年11月20日 冷え進み、痛みと時間に追われつつ、本日は水曜 会。w 紅葉も進み、秋のライトアップが佳境に入ってきた京都ですが、明後日の22日が二十四節気の「小雪」で、冷えも進んできましたね。 明け方、股関節の疼きで目が覚めます...続きを読む
2019年11月13日 秋の紅葉ライトアップ、いよいよ本番にて、本日 は水曜会。 11月の京都は、いよいよ紅葉が美しくなって行きますが、秋の夜長にライトアップが楽しみになります。 地元では、8日から天龍寺の塔頭、宝厳院でライトアップが始...続きを読む

2019年 12月度 「気の科学」体験講座のご案内

★日時:2019年12月14日(土) 第2土曜 午後2時から午後4時半まで
★講座:2019年「12月度 「気の科学」体験講座」
———————————————————————————————
気のニューテキストには、奇経・交会穴・特効点治療を組み合わせた、
効果的なパワーシール・鍼灸・指圧療法が載っています。
症状別に全てが網羅してありますので、ニューテキストを活用してくださいね。
受講生、及び会員の方は 更新時に1冊無料進呈。会員以外の方は、
1冊1万円で、気を込めてお届けします。

19年『冬の特別行事 亥年の納め、神仏との対座と瞑想の寺院巡り』のご案内

★日時:2019年12月29日(最終日曜日)
★集合:午前10時 気の科学研究所
TEL:(075)861-6230
★講座:2019年『冬の特別行事 亥年の納め、神仏との対座と瞑想の寺院巡り』のご案内
———————————————————————————————
★費用:納めの寺院巡り 昼食・交通費・拝観料込み1万円
納めの忘年会 飲食料 別途5,000円

今月のお話

立冬を過ぎ、冷えが急速に忍び寄ってきたようです。^^;
痛みに冷えは厳禁で、冷えると血流が悪くなり、オ血によって諸々の不調も生じやすくなります。

私的には、赤の腹巻を着用して腹部を温め、基礎代謝を良くし、身体を温めるようにしてますが。w
膝や股関節の痛みで目が覚めるのは困りもので、冷えるときは疼きます。^^;
現在、学習・研究中の整体法を可及的速やかに完成し、誰かさんに教えて施術してもらおうかと?w

痛みのある方以外でも、冬は突然死に注意すべき季節ですね。
日本の人口動態調査によると、浴室内の溺死または溺水による死亡者は、毎年3千人をはるかに超えています。
そのうちの9割近くが、65歳以上の方々です。

私も他人ごとではない年齢層にありますが^^;この原因として考えられているのが、「ヒートショック」です。
「ヒートショック」とは、急激な温度変化によって、血圧や脈拍が急激に変化する現象のことをいいます。

お年寄りでなくても、暖房で暖まった部屋から廊下に出たり、トイレに入ったり、
服を脱いで浴室に足を踏み入れたときに感じる、ゾクッ!とした感覚。^^;
これが、「ヒートショック」なのですよ。

人間の身体は、体温を調節しようとするために、血管が収縮するのですが、
寒さによって、血圧が急激に変化すると、身体には大変な負担がかかり、
時には、血圧や脈拍数の急激な変化が、人体に深刻な事態を招くこともあります。

特に高齢者でなくても、普段から血圧が高めの人は、注意が必要です。w

一見、寒さによる血圧の上昇自体が悪いように思われがちですが・・・
「ヒートショック」が本当に怖いのは、血圧が上がれば上がるほど、
下るときも急下降し、その揺れ幅が大きくなることにあります。

例えば入浴時、寒い脱衣所から浴室に足を踏み入れ、熱めの湯にすぐ浸かると、血圧は急速に上昇します。
そのまま湯船に浸かり続けると、血管は温められて拡張し、今度は血圧が急激な降下を始めてしまうのです。

この、短時間で、温度差を急速に身体に感じさせることが問題なのです。

日本の家屋環境は、実は「ヒートショック」を起こしやすい環境になっています。

鴨長明の「方丈記」にも、
「家の作りやうは夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる。」と記載されていますね。

日本の家屋は、伝統的に、真夏の暑さをしのぎやすく建てることが優先されていて、
窓が多く、気密性が低いため、冬場の冷え込みには厳しい構造が多く、暖房をつけている所とつけていない所の温度差が、大幅に生じるのです。

さらに、日本人はどうも方角的に南を好む傾向があり、リビングや寝室などを南側に配置し、風呂やトイレ、洗面所、
台所などの水回りは北側に配置する設計が一般的です。

北側は日当たりが悪いため、冬になると、南の部屋と北の浴室やトイレとの温度差は、約6℃から10℃にもなってしまいます。
特にタイル貼りの浴室やトイレでは、タイルからの冷気がさらに寒さを増します。
風呂やトイレの床が冷たい家では、ぜひ、冬場はマットを敷くことをお勧めします。

入浴は、日本人の日課で、湯船に浸かってこそ、一日の疲れが取れるものですね。
しかし、この急速な温度差による「ヒートショック」は、浴室の環境にも問題があるのですよ。^^;

ヨーロッパ諸国では、浴室の暖房の設備率は約9割以上です。
お隣の韓国では、5割近くが浴室の暖房設備を設けていますが、日本では・・・
1割にも満たないのが、現状なのですぅ。^^;

脱衣室は狭いところですから、ちょっとしたストーブやヒーターでも置くことが、身体に優しい配慮ですね。^^

我が家では、風呂を沸かすとき、浴槽のフタを開けています。
今はカビの心配よりも、湯気で冷えた空気を満たす方が、肺にも肌にも優しく、ウィルスの予防にもなりますから。w

それができない場合は、、入浴時にシャワーで洗い場を流すだけでも、湯気で浴室が温められますから、急速な血圧の上昇を防ぐ効果がありますよ。^^

浴室の次に気をつけたいのは、トイレです。
いわく「トイレで卒中を起こすと、助からない」とか。w
特に普段から血圧の高い方は、起床後や入浴後、身体が温まった状態でトイレの冷気を感じると、「ヒートショック」を起こしやすいのです。^^:

また、起床後、朝刊を取り入れに行く時も、注意が必要ですね。
一枚何かを羽織ってでも、暖かい格好で、トイレや郵便受けに出向いてください。

どうも寒いと出不精になり、運動不足になりがちで、カロリー消費が少ないと、デブ症になっちまいます。^^;
効果的なストレッチや、散歩や気功などの軽い運動は大事ですね。

「健康」とは、「健体康心」の略ですから、この季節は心身ともに温まり、陽気を養って行きましょう。^^v

新着情報

2019/04/23【アラカルト】座るときちょっと意識するだけで、姿勢や出力が良くなる秘訣

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】自他をより良く変える21日行の勧め

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】群を抜きんでる、早着の行

詳しくはこちら

リード・アゲイン

「アラカルト」 126:冬だけでなく、腹巻のお勧め

詳しくはこちら

「アラカルト」 71:冬至を味わおう

詳しくはこちら

「アラカルト」 124:年神様とは

詳しくはこちら

「ヒーリング」 34:高血圧のために

詳しくはこちら

「ヒーリング」 04:五十肩の手当て

詳しくはこちら

「コンセプト」 35:ネオ数理数命学による運命法則

詳しくはこちら

「コンセプト」 28:干支(えと)について

詳しくはこちら

研究所概要

詳しくはこちら
研究所名 気の科学研究所
所在地 〒616-0021
京都府京都市西京区嵐山森ノ前町5-27
TEL 075-861-6230
FAX 075-864-6436
受付時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
代表者 福田龍博
業務内容 あらゆる問題の解決に対する個別カウンセリングとコンサルタント。
あらゆる心身の不調に対するヒーリング。
企業研修、接遇研修、自己開発セミナー、法則講座・ヒーリング講座など各種学習会。

大きな地図で見る