気の科学研究所からのメッセージ

img_001-2

気の科学研究所では、あらゆる問題や不調に対して、
多角度からの分析を講じてプロファイルし、総合的効果的な解決を提供します。
どうすれば良いのか分からない問題や、人間関係や先行きの悩み、
どこへ行っても良くならない不調や心身の悩みのある方はどうぞご連絡下さい。
遠くの方は、メールや手紙、電話による相談にも応じていますので、
お気軽に問い合わせ下さい。代表が、責任をもってお答えします。

—————————————————————————————————————————————
人生には、その人固有のプログラムがあり、ステージテーマがあり、
メカニズムが働いています。
自分は今どういう人生のポイントにあり、どうすればうまく行くのか、
あなた自身の傾向と課題、その対策をぜひお知りください。
自分自身の人生のプログラムと運気律、効果的な自己実現方法を知れば、
幸福と願いが成就するための効果的な手立てが見つかります。
詳しくは、左の「カウンセリングページ」をご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
家庭や人間関係の問題は、性格・役割・宿縁・環境などの条件を
精密にプロファイルすれば、上手な係わり方が分かります。
数理的に9,10,12,27,60サイクルの運気律を活用すれば、
自他と情勢をより良くする手立てが見つかります。
年々、月々、移ろってゆく情勢の中で、大事な時機とチャンスを手遅れなく掴み、
行動していただきたいものです。
貯金でも結婚や設立、転職でもそうですが、縁と時機の因縁・因果は、
これからの人生を豊かにする大切な要素となります。
詳しくは、左の「運気開運・相性」ページをご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
生きていることは、何か苦を伴うものですが、
心身の苦痛は、生の喜びや楽しみを損なうものです。
心身は総合的有機的なもので、複合要因から成り立っています。
例えば根本要因が永い期間の改善を要するものでも、作動要因を処置すれば、
苦痛や支障は大きく軽減できるのです。
痛みや不調は、どうか諦めずに、複合的に相乗効果ある手立てと手当てを
行なっていただきたいものです。
詳しくは、左の「ヒーリング」ページをご覧になって下さい。

お知らせ

詳しくはこちら
2021年6月16日 6月度の講座を終え、夏の養生など考えつつ、本 日は水曜会 雨の降らない日が続いてた京都ですが、日が照れば暑く、曇りならば蒸し暑いですね。^^; 今日は朝から雨なので、気温が上がらないのは良いけど、湿気が多いことです。...続きを読む
2021年6月12日 梅雨入り中も雨降らず、本日は6月度の気の科学 体験講座 昨日は午前からカウンセリング&ヒーリング仕事の連続で、合計6名のご来客でした。w 久方ぶりの盛況でしたが、全て痛みや可動域制限、痙攣や痺れなどの不調が解消 で...続きを読む
2021年6月9日 3日後に6月度の気の科学体験講座を控え、本日 は水曜会 一昨日は32℃、昨日は33℃になりましたが、いやはや今日も暑いことです。^^; 梅雨入り中というのに、今週は週末まで雨が降る気配はありませんね。w 今から冷...続きを読む
2021年6月2日 新ショウガと実山椒出回り、本日は6月最初の水 曜会 今年は観測史上、最速の梅雨入り宣言になりましたが、晴れの日が続いていますね。 今日は曇りで蒸し暑いですが、雨降ってじめじめと鬱陶しいよりは、はるかによろし。...続きを読む
2021年5月26日 梅雨中、少し晴れて、本日は早や5月最終水曜会 梅雨の最中ですが、昨日今日の京都は晴れて、明け方は肌寒いほどに涼しく感じました。 然るに、我が左膝と右股関節が告げるには、明日は多分朝方から雨が降るとか。w ...続きを読む

2021年 7月度 「気の科学」体験講座のご案内

★日時:2021年 7月10日(土)
第2土曜 午後2時から午後4時半まで
★講座:2021年「7月度 「気の科学」体験講座」
———————————————————————————————
気のニューテキストには、奇経・交会穴・特効点治療を組み合わせた、
効果的なパワーシール・鍼灸・指圧療法が載っています。
症状別に全てが網羅してありますので、ニューテキストを活用してくださいね。
受講生、及び会員の方は 更新時に1冊無料進呈。会員以外の方は、
1冊1万円で、気を込めてお届けします。

今月のお話

東洋医学では、気・血・水の循環を基本の大事としています。
このところ、気を電子電位の観点から、水を脳脊髄液やリンパ液を含むファシア
(結合組織)の観点から捉えて、如何に良く循環させるかを考えてきました。

関節の可動域制限を解除したり、痛みや硬結のある筋肉を緩めることは当然です
が、部分的ではなく、全身の血流を良くすることも大事となります。
それには、呼吸を整えることが要となりますが、深呼吸だけでは血流が良くなり
ません。^^;

それには、まずは一次呼吸を整えることですが、一次呼吸とは胎児からしている
呼吸で、脳の呼吸と呼ばれています。
この1次呼吸は基本的に1分間に約15回のペースで行われています。

ところが、同じ姿勢を保つ時間が長かったり、ストレスを抱えた状態が続くと確
実に1次呼吸のリズムが崩れます。
この状態を放っておくと、脳脊髄液の流れが悪くなり身体の中の老廃物を排出できない
し、身体に必要な栄養素を必要なところが吸収できなくなります。

1次呼吸を調節することによって、脳脊髄液の循環が良くなります。
同時に自律神経も一緒に調節出来るので、だるさや痺れ、内臓の疲労などにも効
果があります。

仰臥でSLR(脚上げテスト)をすると、どちらかの脚が重く上げにくく感じる
ことはありませんか?
このとき、100均の座布団をくるくる巻いたものでもバスタオルでも使って、
後頭部の盆のくぼの下に敷き、頭頂の方へ軽く引き上げてから顎をやや上に向け
ます。

顎を上向ける角度次第で、SLRテストで足が軽く高く上げられるアングルがあ
りますので見つけてください。
角度が定まれば、手足は下に垂らして全身の力を抜き、4秒吐いて4秒吸う呼吸
を90秒から2分も続ければ、枕を取り去っても再テストで軽く脚が上がるよう
になっています。
これは、硬膜整体の技法です。

ベストの顎上げアングルが分かり、慣れてくると、敷き枕は使わず、両手を後頭
部に回して4指の第1関節を合わせて、人差し指を盆のくぼに当てると中指以下
が後頭隆起の下斜面に当たります。
このポジションのまま、顎をベストアングルに上げたら、身体の力を抜いて頭の
自重を指先で支え、4秒吸って4秒吐く呼吸を繰り返します。

目は閉じて、90秒から2分行うと、最終汚血と言われる頭蓋骨内の静脈洞の汚
血を流す効果も加わります。
クラニアルテクニックはかつて私も3年学びましたが、一時呼吸を捉えることが
難しかったところ、4秒呼吸によって一次呼吸を誘発できることが分かって施術が進化出
来ました。w

2次呼吸は普段私たちがしている普通の呼吸です。
ですが、巻き肩などで胸肋骨が動きを制限されてると、肺が十分に動かず、本来
必要な酸素も不足しがちになります。

低い枕に頭を乗せて仰臥すると、肩が浮いて背中と床の間に指が入るなどの隙間
はありませんか?
これすなわち巻き肩になってる証左で、2次呼吸に支障があることになります。^^;

身体に無理なく十分な酸素が取り込める呼吸ができると、さらに3次呼吸という
全身の細胞レベルの呼吸ができ、ミトコンドリアが活性して、生命エネルギーが
強くなり、免疫力や治癒力が高まり、筋出力も向上することになります。

巻き肩を直し、胸鎖関節や胸肋関節を整えることで、普段の2次呼吸から3次呼
吸にまで呼吸力を高めましょう。
元気で病気知らずのお年寄りは、巻き肩なく姿勢の良いもんです。w

施術される方が気持ち良いのですが、セルフでも方法はあります。w
100均でテニスボールやゴルフボールが売ってますので、それを使うとやりや
すいです。w

仰臥して、まず片方の肩甲骨と背骨の間にボールを敷きます。
背中でボールを押し付けたまま、ボールを置いた側の腕を真っ直ぐ天井へと伸ば
します。

掌は足先方向よりも内側方向へ向けた方が効果的です。
この姿勢から、ゆっくりと5秒かけて腕を真横へ床へと下ろして行きます。
この動作を5回ほど続けた後、肩に浮きがないかを再テストすると、巻き肩が直っ
てることが分かります。

これを左右やってみた後は、呼吸が楽になり、身体の色々な可動域検査や筋出力
検査をしてみれば、諸々の改善が見受けられるでしょう。w
就寝前に行えば、睡眠の質も向上でき、出勤前に行えば、ストレスにも強くなり
身体のパフォーマンス効果も上がります。

猫背の人や肩こりのある人では、肋椎関節が詰まっていることがほとんどです。
胸郭が固まっていると、呼吸が浅くなり、睡眠時にも十分な酸素が取れずに、睡
眠の質が悪くなったり、自己治癒力が落ちてしまうことになります。

これにも良いセルフケヤー法があります。
座っても立ってもできる方法ですが、先ずは立位でやってみましょう。

肩幅程度に立って、両足の裏を床にしっかりつけて、胸の前で腕をクロスし、両
手の指の腹でしっかりと鎖骨の下を捉えます。
両手の指で肋骨前の筋肉を下へ引き下げ、首を上に反らせて10秒間キープしま
す。

次は、指を下にずらせて、また同じように皮膚・筋肉を引き下げて、首を上に反
らせて10秒キープします。
このように鎖骨下から3か所ほど、下へ順に指を引き下げ、その都度首を上に背
屈させれば良いだけです。

呼吸がしやすく深くなるだけではなく、万歳をするような肩の可動域検査、姿勢
なども良くなることが証明されています。
睡眠の質向上のためには、眠る前に行うことが効果的です。

気・血・水の循環を良くして、心身の調子を良くし、健康の本当の意味、「健体
康心」を目指しましょう。^^v

新着情報

2019/04/23【アラカルト】座るときちょっと意識するだけで、姿勢や出力が良くなる秘訣

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】自他をより良く変える21日行の勧め

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】群を抜きんでる、早着の行

詳しくはこちら

リード・アゲイン

「アラカルト」 75:タマネギで生活習慣病を改善。その最大の活用法。

詳しくはこちら

「アラカルト」 91:梅雨時から、身体の「湿」にもご用心

詳しくはこちら

「アラカルト」 70:夏の養生法と効果的な食材について

詳しくはこちら

「アラカルト」 66:梅雨時の関節の痛みに

詳しくはこちら

「アラカルト」 120:意外と夏に多い脳梗塞

詳しくはこちら

「アラカルト」 49:夏の家宅風水

詳しくはこちら

「アラカルト」 115:半夏生(はんげしょう)

詳しくはこちら

研究所概要

詳しくはこちら
研究所名 気の科学研究所
所在地 〒616-0021
京都府京都市西京区嵐山森ノ前町5-27
TEL 075-861-6230
FAX 075-864-6436
受付時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
代表者 福田龍博
業務内容 あらゆる問題の解決に対する個別カウンセリングとコンサルタント。
あらゆる心身の不調に対するヒーリング。
企業研修、接遇研修、自己開発セミナー、法則講座・ヒーリング講座など各種学習会。

大きな地図で見る