気の科学研究所からのメッセージ

img_001-2

気の科学研究所では、あらゆる問題や不調に対して、
多角度からの分析を講じてプロファイルし、総合的効果的な解決を提供します。
どうすれば良いのか分からない問題や、人間関係や先行きの悩み、
どこへ行っても良くならない不調や心身の悩みのある方はどうぞご連絡下さい。
遠くの方は、メールや手紙、電話による相談にも応じていますので、
お気軽に問い合わせ下さい。代表が、責任をもってお答えします。

—————————————————————————————————————————————
人生には、その人固有のプログラムがあり、ステージテーマがあり、
メカニズムが働いています。
自分は今どういう人生のポイントにあり、どうすればうまく行くのか、
あなた自身の傾向と課題、その対策をぜひお知りください。
自分自身の人生のプログラムと運気律、効果的な自己実現方法を知れば、
幸福と願いが成就するための効果的な手立てが見つかります。
詳しくは、左の「カウンセリングページ」をご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
家庭や人間関係の問題は、性格・役割・宿縁・環境などの条件を
精密にプロファイルすれば、上手な係わり方が分かります。
数理的に9,10,12,27,60サイクルの運気律を活用すれば、
自他と情勢をより良くする手立てが見つかります。
年々、月々、移ろってゆく情勢の中で、大事な時機とチャンスを手遅れなく掴み、
行動していただきたいものです。
貯金でも結婚や設立、転職でもそうですが、縁と時機の因縁・因果は、
これからの人生を豊かにする大切な要素となります。
詳しくは、左の「運気開運・相性」ページをご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
生きていることは、何か苦を伴うものですが、
心身の苦痛は、生の喜びや楽しみを損なうものです。
心身は総合的有機的なもので、複合要因から成り立っています。
例えば根本要因が永い期間の改善を要するものでも、作動要因を処置すれば、
苦痛や支障は大きく軽減できるのです。
痛みや不調は、どうか諦めずに、複合的に相乗効果ある手立てと手当てを
行なっていただきたいものです。
詳しくは、左の「ヒーリング」ページをご覧になって下さい。

お知らせ

詳しくはこちら
2020年7月11日 本日は、7月度気の科学体験講座 今年は、祇園祭も山鉾を建てず巡行もなし、五山送りも縮小になり、夏の祭り心がどうも弾みませんね。^^; 五山の送り火は、大文字は「大」の字の中央と先端のみに点火...続きを読む
2020年7月8日 3日後に7月度の気の講座を控えて、梅雨の中、 湿邪に負けずに水曜会 昨日7月7日は小暑に当たり、これより癸未月に入りました。 今日から19日までが「八専」期間で、12日中8日間が、天干地支ともに五行の気が同じになります。 古...続きを読む
2020年7月1日 夏越の祓を終えて、7月御一日の今日は水曜会 昨日は雨の中、松尾大社の茅の輪をくぐり、夏越の祓を済ませてきました。 家には、邪気の侵入を防ぐ結界は切ってあるのですが、夏越の祓の茅の輪護符も、玄関扉に掛けて...続きを読む
2020年6月24日 6日後に夏越の祓を控えて、本日は6月最後の水 曜会 今日を含めて6月もあと7日で終わりですね。 いやはや、仮説実験検証しなければならないことが山積みで、日々の過ぎるのが早過ぎます。^^; 今月の晦日、30日は...続きを読む
2020年6月17日 諸々のイレギュラーが続く中、本日は厄日に注意 して水曜会。w 6月2日から28日までが宿曜陵逼(すくようりょうじ)期間ですが、期間中、イレギュラーな事態や良くない因縁生起が生じやすいものです。 仏頂尊一体呼吸法で我が身は...続きを読む

2020年 7月度 「気の科学」体験講座のご案内

★日時:2020年7月11日(土) 第2土曜 午後2時から午後4時30分まで
★講座:2020年「7月度 「気の科学」体験講座」
———————————————————————————————
気のニューテキストには、奇経・交会穴・特効点治療を組み合わせた、
効果的なパワーシール・鍼灸・指圧療法が載っています。
症状別に全てが網羅してありますので、ニューテキストを活用してくださいね。
受講生、及び会員の方は 更新時に1冊無料進呈。会員以外の方は、
1冊1万円で、気を込めてお届けします。

今月のお話

今年は、七曜陵逼(しちようりょうじ)期間が多い年ですが、期間中には今までにないイレギュラーな事態が起こりやすいものです。
こうした年は、悪い因縁生起が生じやすいもので、決まって政変や国難、異常な事件や事態が発生してますね。^^;

昨年12月17日から今年の1月12日、続いて1月25日から2月9日、さらに2月24日から3月8日が宿曜陵逼でした。
が、6月はなんと2日から28日までが七曜陵逼期間になります。
これを過ぎると7月21日から26日と、12月8日から翌年1月3日までが宿曜陵逼期間になります。

月日の運行は、太陽と月のリズムが反映されます。
月のリズムの一つが、「宿曜(すくよう)」と呼ばれる、弘法大師空海が唐から持ち帰った密教秘伝です。
普通の暦は、農業暦の「二十八宿」ですが、これは古法「二十七宿」を用いるものです。

月の軌道上にある、二十七の星座を表わす文字を、それぞれの日の月が宿る星座名として表わしたものですが、
この「二十七宿」は日本でも、朝廷の行事や、武将の戦略、政略結婚などに重宝され、
その的中率が高いことから、徳川幕府は当時、一般には「御止め流」として、学ぶことを禁じたものです。

宿縁を調べて、相手との関係のあり方やこれからの推移が判ったり、
日々のあり方や注意すべき点がわかるのが、宿曜論なのです。

普通、宿曜運用には、三九の秘宿法を用いて、
業日(生まれ日の宿から基本的には9日目の宿)から始まる一週間を、
「暗黒の一週間」と呼んで注意するのですが、七曜陵逼(しちようりょうじ)の期間には、運用が異なります。

七曜陵逼の期間とは、曜日が宿を圧迫し犯す期間とされ、吉凶が逆転します。
この期間、栄・安・成・友・親の宿日は、吉が転じて凶となり、衰・危・壊の凶宿は、吉宿に逆転するとされています。

また、命(生まれ日の宿)と胎(生まれ日から基本的には18番目の宿)の宿日に、
厄難に遭う危険があるとされます。

七曜陵逼の期間で最も懼れることは、「六害宿」です。
命宿(誕生日の宿)には、財産を失い災厄を招く。
意宿(誕生日の宿から3日目の宿)には、悲しみ苦しみを招く。
事宿(誕生日の宿から9日目の宿)には、災禍・災難を招く。
克宿(誕生日の宿から12日目の宿)には、財職を失い、勢力失墜を招く。
聚宿(誕生日の宿から15日目の宿)には、財を失い、別離を招く。
同宿(誕生日の宿から19日目の宿)には、一族の争いと財産の消耗を招く。

それぞれの害宿には、不運・不幸を招く因となる、避けるべき行動があり、例えば聚宿では、
夫婦喧嘩・親子喧嘩・浮気・異性交遊・見合い・プロポーズ・デートの申し込み・
ラブレター・趣味の集まり・出版・記者会見・知人の紹介・計画の変更などが、
避けるべき行動になります。

自身の二十七宿が何かが分からないと禁忌事項は何かは分かりませんが、一般的にはイレギュラーな事態や物事の運びに注意し、良くない因縁生起に用心して、諸事に当たって確認・点検を強化することが大事でしょう。

空海の伝によれば、普賢菩薩と文殊菩薩は羅刹日の難を避けしめ、東方観世音菩薩は六害宿の難を避けしむとあります。
今年は子年ですので、子を守護する千手観音も含めて、東を向いて観音菩薩様を祈念観想すると良いかと。w

自身に害がないように願うのは誰で願うことですが、国難でもあるコロナ禍の早期終息も祈るのみです。
心理学的、医学的実験によって、祈りには相応の効果があることが知られています。
それは祈られた人のみならず、人のために祈った人にも、脳に良い効果があることが実証されていますから、自分のことだけ祈るのはもったいないですね。w。

一心に願い想ったことは、継続すると意識から潜在意識に蓄積され、時機に応じて現実化する作用があります。
心配や不安などは強い恐怖としてインパクトがあり、具体的なイメージを持ちやすいため、感染や癌、不幸や悲運などを怖れて、却ってそれを実現することになりませんように。(念)

この際、宗教の流派を問わず、あらゆる人がコロナ禍終息を祈り、生き生き活きる生活が開けることを祈ることが良い効果がありましょうね。w
人は誰でも精神という神を持ち、何かを慈しみ愛しむ仏の心があるものです。
いわば、人はスモール神仏ですので、大いなる神仏の意に適うよう、祈りを含めて意識や無意識を活用したいものですね。w

新着情報

2019/04/23【アラカルト】座るときちょっと意識するだけで、姿勢や出力が良くなる秘訣

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】自他をより良く変える21日行の勧め

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】群を抜きんでる、早着の行

詳しくはこちら

リード・アゲイン

「アラカルト」 127:花粉症、アレルギー性鼻炎に3つのお茶の勧め

詳しくはこちら

「アラカルト」 126:冬だけでなく、腹巻のお勧め

詳しくはこちら

「アラカルト」 103:大安、仏滅、友引など、六曜の日取りについて

詳しくはこちら

「アラカルト」 75:タマネギで生活習慣病を改善。その最大の活用法。

詳しくはこちら

「ヒーリング」 36:不定愁訴、原因不明な症状に奇経を

詳しくはこちら

研究所概要

詳しくはこちら
研究所名 気の科学研究所
所在地 〒616-0021
京都府京都市西京区嵐山森ノ前町5-27
TEL 075-861-6230
FAX 075-864-6436
受付時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
代表者 福田龍博
業務内容 あらゆる問題の解決に対する個別カウンセリングとコンサルタント。
あらゆる心身の不調に対するヒーリング。
企業研修、接遇研修、自己開発セミナー、法則講座・ヒーリング講座など各種学習会。

大きな地図で見る