気の科学研究所からのメッセージ

img_001-2

気の科学研究所では、あらゆる問題や不調に対して、
多角度からの分析を講じてプロファイルし、総合的効果的な解決を提供します。
どうすれば良いのか分からない問題や、人間関係や先行きの悩み、
どこへ行っても良くならない不調や心身の悩みのある方はどうぞご連絡下さい。
遠くの方は、メールや手紙、電話による相談にも応じていますので、
お気軽に問い合わせ下さい。代表が、責任をもってお答えします。

—————————————————————————————————————————————
人生には、その人固有のプログラムがあり、ステージテーマがあり、
メカニズムが働いています。
自分は今どういう人生のポイントにあり、どうすればうまく行くのか、
あなた自身の傾向と課題、その対策をぜひお知りください。
自分自身の人生のプログラムと運気律、効果的な自己実現方法を知れば、
幸福と願いが成就するための効果的な手立てが見つかります。
詳しくは、左の「カウンセリングページ」をご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
家庭や人間関係の問題は、性格・役割・宿縁・環境などの条件を
精密にプロファイルすれば、上手な係わり方が分かります。
数理的に9,10,12,27,60サイクルの運気律を活用すれば、
自他と情勢をより良くする手立てが見つかります。
年々、月々、移ろってゆく情勢の中で、大事な時機とチャンスを手遅れなく掴み、
行動していただきたいものです。
貯金でも結婚や設立、転職でもそうですが、縁と時機の因縁・因果は、
これからの人生を豊かにする大切な要素となります。
詳しくは、左の「運気開運・相性」ページをご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
生きていることは、何か苦を伴うものですが、
心身の苦痛は、生の喜びや楽しみを損なうものです。
心身は総合的有機的なもので、複合要因から成り立っています。
例えば根本要因が永い期間の改善を要するものでも、作動要因を処置すれば、
苦痛や支障は大きく軽減できるのです。
痛みや不調は、どうか諦めずに、複合的に相乗効果ある手立てと手当てを
行なっていただきたいものです。
詳しくは、左の「ヒーリング」ページをご覧になって下さい。

お知らせ

詳しくはこちら
2019年7月17日 祇園祭前祭最終日、後祭を控えて、本日は水曜会 。 昨日は宵山、今日は山鉾巡行と祇園祭は酣(たけなわ)ですが、前祭(さきまつ り)は今日で終了です。 明日から後祭(あとまつり)の山鉾が組み立てられ、、21日から...続きを読む
2019年7月13日 7月連休初日、祭り気分で本日は7月度気の科学 体験講座 明日は宵々々山で、いよいよ祇園祭もクライマックスに近づき、夜の人出はどん どん混雑して行くことでしょう。w 明日の法則講座に来られる方は、渋滞をご注意ください...続きを読む
2019年7月10日 祇園祭進行中、3日後に7月度の気の講座を控え て、本日は水曜会 7月に入ると、京都は祇園祭一色に染まったようで、近所のスーパーでも、まし て烏丸や河原町に出ると、何処も祇園囃子が流れています。 コン、コン、チキチン、コンチ...続きを読む
2019年7月3日 七夕を控えて、本日は7月最初の水曜会 7月に入り、梅雨らしい空模様が続いていますが、風がやむと蒸し暑いことです ね。^^; 昨日の2日に第一次宿曜陵逼期間が終わり、イレギュラーな事態と言えば印刷機...続きを読む
2019年6月26日 月末に夏越の祓を控えて、本日は6月最終水曜会 6月も最終週になりましたが、こちらの梅雨入りはまだで、今日も青空。w 常夏の国に旅行に行けずにいますが、タイにもバリ島にも引けを取らない暑さが 続いております...続きを読む

2019年 7月度 「気の科学」体験講座のご案内

★日時:2019年 7月13日(土) 第2土曜 午後2時から午後4時半まで
★講座:2019年「7月度 「気の科学」体験講座」
———————————————————————————————
気のニューテキストには、奇経・交会穴・特効点治療を組み合わせた、
効果的なパワーシール・鍼灸・指圧療法が載っています。
症状別に全てが網羅してありますので、ニューテキストを活用してくださいね。
受講生、及び会員の方は 更新時に1冊無料進呈。会員以外の方は、
1冊1万円で、気を込めてお届けします。

今月のお話

今年の夏至は6月21日ですが、日に日に陽気が高まって行きますね。
日の出も早く、日の入りも遅くなってきてますが、これからは紫外線にも、湿気
にも注意が必要です。

紫外線は、晴れの日に比べると、うす曇りの場合は約80~90%、くもりの場合は約60%、雨の場合は約30%の量
になります。
しかし、雲の間から太陽が出ている場合には、雲からの散乱光が加わるため快晴の時よりも多い紫外線が観測されることがあります。

年間で紫外線量が最も多くなる時期は、6月~7月頃だと言われています。
意外かもしれませんが、夏本番よりも少し前の時期から
紫外線のピークを迎えているということですね。

一般に老化によるものと思われている皮膚の見た目の変化のうち、最大90%は、紫外線被ばくによって引き起こされたものであるといわれています。
また、日本人は70歳代では80%以上が白内障といわれますが、白内障は長い年月にわたって紫外線に曝されてきたことが主原因をいわれます。

眩しいときはサングラスをかけますが、色の濃いサングラスの下では瞳孔が開きますので、目に紫外線を多く取り込むことになります。^^;
UVカットのサングラスでもこの作用が働きますので、色は薄めがお勧めです。w

紫外線が日焼けした部分だけでなく、体全身に与える影響として「免疫力の低下」があります。
免疫は、体内で発生したガン細胞や、外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムです。

免疫力は、20歳から落ちて行くものですので、免疫力を落とさないようにするには、工夫を要しますね。
免疫細胞の約6割は腸にいるといわれているので、腸内の免疫細胞を活性化できる食べ物をとっているかどうかが、免疫力を大きく左右します。

食事は大事、食餌にあらずですが、免疫細胞を活性化させるには、腸内の善玉菌を増やすことです。
善玉菌を増やすには、善玉菌の餌になる食物を摂ることです。
発酵食品を毎日摂ることも、大変効果的ですね。

また、身体を冷やさず、温めることも、免疫力を落とさない秘訣になります。
免疫細胞は血液の中にいます。
体温が下がり血行が悪くなると、体内に異物を発見しても素早く攻撃できません。

免疫力が正常に保たれる体温は36.5℃程度といわれています。
免疫力は、体温が1℃下がると30%低下し、逆に1℃上がると一時的には最大5~6倍アップするともいわれ、体温を上げることの重要性がよくわかります。

現代人は低体温傾向にあると言われています。
低体温というと、体質的なものと思えるかもしれませんが、日常生活の中に低体温を招く要因があることが多くあります。

食生活では、身体を温める効果のある陽性のものを摂ることですね。
植物では、生姜、唐辛子、ニンニク、ニラ、ダイコン、長ネギ、ゴボウ、タマネギなどが陽性の食品です。
ご飯やパン、麺類の量よりも、野菜やキノコ類などの分量を多くすることが、食物繊維で腸内環境を良くし、ビタミンも多く摂取出来ます。

入浴も免疫力を高める日本人の良い風習です。
ゆっくり入浴することで、身体を芯から温め、全身を心地よくほぐしながら免疫力を高めることができます。
最近は、シャワーで済ます人が多くなり、特に夏場は増えるようですが、ガンや病気にならないためにも、お風呂はゆっくりと楽しみましょう。w

また、ストレスは免疫力を落とす大きな要因ですが、笑うと免疫細胞が活性化するという研究データが発表されています。
笑えば血行が良くなり、ストレスに関するホルモンが減って、心が穏やかになるなどの効果があります。

地蔵菩薩は、数ある菩薩の中で一切の飾り物を持たず、釈迦や阿弥陀如来が救えず地獄で苦しむ人をも救済する誓願を立て、一人冥界へ赴いた菩薩ですが、その
真言が「オン・カカカ・ビサンマエイ・ソワカ」です。
「カカカ」は、「呵々大笑」のカで、サンスクリット音では「ハ」と発音します。

地獄の苦しみにあるときこそ、大笑いせよ。笑い声と共に成就あれかし。
笑う門には福来るで、おかしくなくとも免疫力アップのために、自他の幸福のために、ハッハッハと笑い声をあげて生活しましょう。

特殊な笑い声の人を除いて、洋の東西を問わず、人間はハ行の音で笑い声を出しますね。w
ハハハはア音の開放音で、明るい波動を自他に伝えます。

ヒヒヒは陰音で不気味だし、ヘヘヘは品なく、フフフは含み音で、ホホホと笑う人は少ないですね。w
ハ!だと笑い捨てですし、ハッハというのは「ごめん、ごめん」「分かった、分かった」と同じく否定の要素が入ります。^^;
ハ音で、3音節以上が、効果ある笑い声だと思いますよ。w

陽気が高まって行く候、心身にも陽気を発揚させて、夏場に適応して行きましょう。
不調や不具合ある方はヒーリングを、問題やストレスを抱えている方はカウンセリングをお勧めします。

今すぐに解決できないことは、できることから始め、行動に移すことです。
一人ではできないことは縁を活用し、今までのやり方ではできないことは違うやり方を試行することです。
できない事由を挙げるのではなく、できることから、できる範囲で、できるだけ進めて行くことが失敗や後悔のない改善の法則です。

6月末日の夏越の祓から、今年の後半が良き展開と結果を招くと良いですね。

新着情報

2019/04/23【アラカルト】座るときちょっと意識するだけで、姿勢や出力が良くなる秘訣

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】自他をより良く変える21日行の勧め

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】群を抜きんでる、早着の行

詳しくはこちら

リード・アゲイン

「アラカルト」 120:意外と夏に多い脳梗塞

詳しくはこちら

「アラカルト」 91:梅雨時から、身体の「湿」にもご用心

詳しくはこちら

「アラカルト」 67:身体の湿気対策

詳しくはこちら

「アラカルト」 66:梅雨時の関節の痛みに

詳しくはこちら

「ヒーリング」 42:三大交会穴療法について

詳しくはこちら

「ヒーリング」 36:不定愁訴、原因不明な症状に奇経を

詳しくはこちら

「ヒーリング」 15:膝関節の痛みを治そう

詳しくはこちら

研究所概要

詳しくはこちら
研究所名 気の科学研究所
所在地 〒616-0021
京都府京都市西京区嵐山森ノ前町5-27
TEL 075-861-6230
FAX 075-864-6436
受付時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
代表者 福田龍博
業務内容 あらゆる問題の解決に対する個別カウンセリングとコンサルタント。
あらゆる心身の不調に対するヒーリング。
企業研修、接遇研修、自己開発セミナー、法則講座・ヒーリング講座など各種学習会。

大きな地図で見る