気の科学研究所からのメッセージ

img_001-2

気の科学研究所では、あらゆる問題や不調に対して、
多角度からの分析を講じてプロファイルし、総合的効果的な解決を提供します。
どうすれば良いのか分からない問題や、人間関係や先行きの悩み、
どこへ行っても良くならない不調や心身の悩みのある方はどうぞご連絡下さい。
遠くの方は、メールや手紙、電話による相談にも応じていますので、
お気軽に問い合わせ下さい。代表が、責任をもってお答えします。

—————————————————————————————————————————————
人生には、その人固有のプログラムがあり、ステージテーマがあり、
メカニズムが働いています。
自分は今どういう人生のポイントにあり、どうすればうまく行くのか、
あなた自身の傾向と課題、その対策をぜひお知りください。
自分自身の人生のプログラムと運気律、効果的な自己実現方法を知れば、
幸福と願いが成就するための効果的な手立てが見つかります。
詳しくは、左の「カウンセリングページ」をご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
家庭や人間関係の問題は、性格・役割・宿縁・環境などの条件を
精密にプロファイルすれば、上手な係わり方が分かります。
数理的に9,10,12,27,60サイクルの運気律を活用すれば、
自他と情勢をより良くする手立てが見つかります。
年々、月々、移ろってゆく情勢の中で、大事な時機とチャンスを手遅れなく掴み、
行動していただきたいものです。
貯金でも結婚や設立、転職でもそうですが、縁と時機の因縁・因果は、
これからの人生を豊かにする大切な要素となります。
詳しくは、左の「運気開運・相性」ページをご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
生きていることは、何か苦を伴うものですが、
心身の苦痛は、生の喜びや楽しみを損なうものです。
心身は総合的有機的なもので、複合要因から成り立っています。
例えば根本要因が永い期間の改善を要するものでも、作動要因を処置すれば、
苦痛や支障は大きく軽減できるのです。
痛みや不調は、どうか諦めずに、複合的に相乗効果ある手立てと手当てを
行なっていただきたいものです。
詳しくは、左の「ヒーリング」ページをご覧になって下さい。

お知らせ

詳しくはこちら
2020年11月25日 一昨日からイレギュラーな事態発生しつつ、本日 は11月最後の水曜会 紅葉は今がピークにて、京都駅や四条河原町界隈の人出は少ないそうですが、嵐山では昨年比6割増しの連休でした。 宿曜陵逼(すくようりょうじ)期間が長くあった今年は...続きを読む
2020年11月18日 見どころの紅葉進みゆく中、本日は水曜会 京都ではこの4日ほど暖かい小春日和が続いていますが、紅葉は弥栄に進んでいます。 昨日は歯のメンテに北区まで出かけてきましたが、平日というのに渡月橋を渡る人も多...続きを読む
2020年11月14日 ささやかな人数ながらも^^;内容は濃くw本日 は11月度気の科学体験講座。 11月も半ばとなり、紅葉とともに冷え進む今日この頃ですが、京都市内の紅葉の見頃はこれからです。 私にとっての11月は、数理数命学の胎因律によると、受胎の月から...続きを読む
2020年11月11日 紅葉色づき始め、三日後に11月度の講座を 控えて、本日は水曜会 11月11日、今日は月日がゾロ目で、めでたく縁起のよさげな日ですが、休日じゃないですね。w 仕事は入ってませんが、下肢の具合が悪化し痛みが苦になってますの...続きを読む
2020年11月4日 明日から真如堂秘仏厨子ご開帳を控えて、11月 最初の水曜会 11月最初の連休期間が終わりましたが、例年ほどではないにしろ、京都の観光客もずいぶん増えてきました。 外国人観光客がほとんどないので、宿泊もゆっくりした物見遊...続きを読む

2020年 12月度 「気の科学」体験講座のご案内

★日時:2020年2020年 12月12日(土)
第2土曜 午後2時から午後4時半まで
★講座:2020年「12月度 「気の科学」体験講座」
———————————————————————————————
気のニューテキストには、奇経・交会穴・特効点治療を組み合わせた、
効果的なパワーシール・鍼灸・指圧療法が載っています。
症状別に全てが網羅してありますので、ニューテキストを活用してくださいね。
受講生、及び会員の方は 更新時に1冊無料進呈。会員以外の方は、
1冊1万円で、気を込めてお届けします。

20年『冬の特別行事 亥年の納め、神仏との対座と瞑想の寺院巡り』のご案内

★日時:2020年12月27日(最終日曜日) 午前10時
★集合:午前10時 気の科学研究所
TEL:(075)861-6230
★講座:2020年『冬の特別行事 亥年の納め、神仏との対座と瞑想の寺院巡り』のご案内
———————————————————————————————
★費用 納めの寺院巡り 昼食・交通費・拝観料・研修費込み1万円
納めの忘年会 飲食料 別途5,000円

今月のお話

コロナ禍あって、オリンピックや祭りなど、諸々の行事が中止変更となり、イレギュラーな事態が多かった2020年です。
古法宿曜二十七宿によると、宿曜陵逼(すくようりょうじ)期間が長い年は、政権交代など色々なイレギュラーな事態が発生すると説かれています。

12月は最後の宿曜陵逼(すくようりょうじ)期間が8日から始まり、翌1月3日まで曜日が宿を圧迫し犯す期間となります。
日々の吉凶が逆転し、命・胎宿の日に厄難に遭いやすく、良くない因縁生起に注意すべき期間とされています。

イレギュラーな事態や物事の運びが起きたり、この期間内に悪い因縁の種子が蒔かれると後々悪い事象が生じるといわれます。
特に期間中、悪い因縁生起に注意すべきは、それぞれの人の六害宿で、該当日の禁忌事項を犯さぬように説かれています。

例えば、自身の克宿に当たる日の禁忌事項は、預金、投資、金銭貸借、商談、宣伝、政治折衝、講演、賭け的言行、土地の売買などです。
これを犯すと、財職の損失、勢力の失墜など悪く因縁が生起するというものです。w

現代の陰陽師、宿曜師も兼ねていて、特に三九の因果律と宿縁性相性を観るのに重宝していますがw
潮の満ち引きでも分かる通り、月の運行は地球上の万物に複雑な影響を及ぼしていますね。

古くインドの識者たちは、月の運行を観測し、約27.3日で公転する月が、日々に宿る星々を、二十七宿として定めたものです。
この二十七宿を用いて、月と地球の万物との関係を探り、物事の吉凶や人の運勢を推し量る法が大成されて行きました。
これが日本にも伝来し、寺社や宮中の祭事、儀式を律する規範として、今もなお伝承されています。

インドから渡って中国では、天宮を四宮に分かち、東の青龍、南の朱雀、西の白虎、北の玄武にそれぞれ七宿を配当した「二十八宿」が普及し、日本にも伝わって一般化しました。
7世紀末といわれる奈良明日香村の高松塚古墳の天井にも、二十八宿の図が描かれている通りです。

一方、古法である「二十七宿」は、弘法大師空海が日本に密教としてもたらしたものです。
その「宿曜経」は、現在でも高野山無量寿院に写本が残されているそうです。

「宿曜経」の正式名称は、「文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶善悪宿曜経」と言いますが、お釈迦様の生まれる500年前、今から3000年前に出た文殊菩薩が書かれたものとなっています。
智慧の仏である文殊菩薩が、人類の無知を憐れみ、慈愛をもって苦の因果を招かぬようにと書かれたものといわれています。

然るに、密教占星術である「二十七宿」は、その高い的中精度をもって、戦略や政略、大事決行の選日に用いたりして威力を発揮し、支配階級では必須の学問として秘匿されてきました。
平安時代は貴族全盛の時代で、陰陽道や宿曜術といった占いの法は、調停、貴族、僧侶といった特権階級の人々だけが独占し、一般には知らされませんでした。

平安時代を過ぎると、やがて上流の武家階級に密かに伝えられ、軍略と結びついて行きます。
八幡太郎義家以来、源家に代々伝えられた秘密の占星術があり、頼朝や義経もそれを軍略に使ったといわれています。

戦国時代には、武田信玄の懐刀であった軍師山本勘助や、豊臣秀吉の参謀竹中半兵衛、軍略の天才と呼ばれた真田幸村も宿曜術を使ったといわれています。
徳川時代の初期に将軍の黒幕と呼ばれた天海僧正も、全国の大名対策に活用した一人です。

そういえば、武田家が滅んだとき、家康は「足軽一兵たりとも浪人を出すな。」と厳命し、井伊家に武田の軍法などを全て採り入れましたね。
武田家の軍師、山本勘助は甲陽軍鑑には載ってなく、つまり将軍ではなく、足軽大将の地位だったことが思いやられます。
江戸時代には、幕命で一般には「お止め流」となり、伝えること、学ぶことを禁じたものです。w

司馬遼太郎氏の「空海の風景」は、空海が入唐して密教の経典を手に入れ、真言密教を創り出すまでの人間空海が描かれていますが、そこにも「宿曜経」は出ています。
そういえば、高校時代に愛読した「国盗り物語」の中にも、斎藤道三が「宿曜経」を唱えているといった描写が出てきますね。
尤も、当時は、自分が宿曜を使うようになるなんてことは、夢にも思ってませんでしたが。w

知ると分かるは雲泥の差、分かると出来るは天地の差などとよく言いますがw、知って得なものならば、活用を図りたいものです。w
期間中は、イレギュラーな運びや事態に用心して、先ずは確認に念を入れ、自律を大事としましょう。

空海の伝では、「東方観世音菩薩は、宿曜陵逼期間の六害宿の難を避けしむ」とあります。
今年は子の年、12月7日からは子の月ですが、子は千手観音の守護するところですので、加護を祈念いたしましょう。w

コロナ禍で、予約や研修も閑古閑古してた今年でしたが、研究と習得には減収以上に成果がありました。w
アフターコロナは、この成果を大いに振舞って、人に役立つよう精進しましょう。

12月は、ゾロ目の12日が例会の納め、最終日曜27日が年度納め特別研修行事となります。
年度の納めは千手観音様と対座して、加護とパワーを得るとともに、最高の研修が納められますように。(念)

新着情報

2019/04/23【アラカルト】座るときちょっと意識するだけで、姿勢や出力が良くなる秘訣

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】自他をより良く変える21日行の勧め

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】群を抜きんでる、早着の行

詳しくはこちら

リード・アゲイン

「アラカルト」 126:冬だけでなく、腹巻のお勧め

詳しくはこちら

「アラカルト」 124:年神様とは

詳しくはこちら

「アラカルト」 82:冬場の「ヒートショック」にご用心!

詳しくはこちら

「コンセプト」 19:要チェック!骨盤のゆがみは、ありませんか?

詳しくはこちら

「ヒーリング」 23:秋と冬に悪化しやすい慢性腰痛に

詳しくはこちら

「ヒーリング」 08:ギックリ腰の方へ(腰痛のある方も見てね。)

詳しくはこちら

「コンセプト」 07:相性について

詳しくはこちら

研究所概要

詳しくはこちら
研究所名 気の科学研究所
所在地 〒616-0021
京都府京都市西京区嵐山森ノ前町5-27
TEL 075-861-6230
FAX 075-864-6436
受付時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
代表者 福田龍博
業務内容 あらゆる問題の解決に対する個別カウンセリングとコンサルタント。
あらゆる心身の不調に対するヒーリング。
企業研修、接遇研修、自己開発セミナー、法則講座・ヒーリング講座など各種学習会。

大きな地図で見る