気の科学体験講座

「自分」とは「自然の一部分」です。
私たちには、誰にも大自然の力が内在しているのです。

気・心・体を調和させることによって、より自由で自在な自分になり、活き活き生きる「生活」を楽しみ ましょう。
体験講座では、簡単で効果的な気功と瞑想を実際に行い、不調を癒すヒーリングや手当ての方法・日常生 活で役立つ知恵と情報を提供します。

リラクゼーションとリフレッシュ、ストレスの解消の有効な場としてご利用下さい。
講座では、無料ヒーリングも受けられます。
講座終了後の無料懇親会では、時機折々の料理で ”良いお酒”も酌み交わし、ざっくばらんに和気藹々と 歓談できる交流の場を設けていますので、お気軽にご参加下さいね。

・日時 毎月第2土曜日 午後2時時から午後4時30分
・会場 桂西口会館(阪急桂駅西口から徒歩3分)
※下記地図参考
・TEL 075-381-4919
※問い合わせ、詳細は気の科学研究所まで
・TEL 075-861-6230
・MAIL kinokagaku@palette.plala.or.jp

講座の説明

今後の講座

2019年 11月度 「気の科学」体験講座

と き
2019年11月9日(土)
第2土曜 午後2時から午後4時半まで

ところ  桂西口会館(阪急桂駅より徒歩2分)1F

内 容
1.気光の実習体の調子を整え、気力・体力を高めるには

2.講話

3.瞑想実習

 

朝晩冷えてゆく今日この頃ですが、早くも、二十四節気で今年は、11月8日が立冬。
冬の気が立ち始める頃で、寒冷の地では地面が始めて凍る頃ですが、今年の冷え方は速いようです。
晩秋は特に、身体が冷えないよう、また、肌の保湿も大事なときです。

秋は、肺の気が盛んになりますが、水分代謝の調節機能を持つ「肺」は、
皮膚に潤いを届ける役割を果たしています。

肺の状態は、すぐに皮膚に反映されます。
秋の空気の乾燥によって「燥邪」が生じると、肺の働きが低下して、皮膚に潤いがなくなり、乾燥や痒みが起こります。

皮膚の乾燥が気になったら、表面のケアだけでなく身体の中から潤いを保つよう心がけましょう。
適度に水を補い、コラーゲンやヒアルロン酸を含む食材を家庭薬膳としましょう。
ぬめりある海草、鶏の皮や胸肉・手羽・軟骨、豚足、豚耳が良く、煮魚は内臓を取って丸ごと煮るのが一番です。
また、季節に対応する気を養うに、白菜、白葱や根菜は、秋から冬に、良いものです。^^

夏は暑いのでよく人は水を飲みますが、秋になってから減ってませんか?
秋は乾燥のシーズンで、本当は水が必要で、咽喉が渇いてから飲むのは遅すぎです。^^;

水を食間によく摂ることは大変良いことで、体温、基礎代謝が確かに上がります。
まして酒を飲む場合は、アルコールの分解に水を要しますので、意識して飲むようにしましょう。w

体温が1℃上がると、代謝は12%上昇しますので、ダイエット効果もあります。
血液は50%が水ですが、水をよく摂ると汚血を解消し、血が綺麗になって、デトックス効果も高いものです。
汗もかきやすく、尿の出も良くなり、体内の水の流れやリンパの流れも良くなります。

その適量とは、過激に運動しない限りは一日1.5~2リットルとなっています。
しかし、がぶ飲みは、体内のナトリウム量を一度に薄めるもので、バテやすくなってしまいます。^^;
コップ半量からせいぜい1杯程度を、小まめに小分けして飲むことと、常温かぬるま湯程度の温度で、沸かさぬ良い水であることが大事です。

冷えた水は胃腸を傷めますし、沸かした水は溶存酸素がないため身体から即座に排出され、古い水が排出されません。
また日本人にはやや軟水が良く、ミネラルがあまりに豊富な硬水は、血管を損ないやすいのでほどほどが大事となります。

ところで、皆さんは朝、起きたとき、のどが渇いていませんか?
人間は、寝ている間に、特に暑くなくても、最低コップ1杯程度(約200~300ml)の水分が出ているものです。
また、起き抜けにはトイレにも行くため、朝一番は、身体が最も乾燥している状態にあると言えます。

就寝中、血液中の水分が汗となって体外に出ると、血液の濃度が上がり、
同時に血を固める血小板の凝集能力も上がるので、血液は固まりやすい状態になります。

この状態のピークをむかえるのが、水分を摂取しなくなってから数時間後、つまり明け方ということになります。
明け方は、最も心臓に負担がかかり、心筋梗塞を起こしやすい魔の時間帯なのです。w

就寝中は、身体を休める副交感神経の働きで、血流もゆるやかですが、明け方になると、身体を目覚めさせるために、交感神経が働き、一気に大量の血液が心臓から全身に送り出されます。
しかし、血液の濃度が高い場合は、流れが悪く、心臓にも血管にも負担がかかるために、心筋梗塞を起こしやすくなるのです。^^;

これを予防するためには、血液の水分量を充分な状態にしておかなければなりません。
そのためには、就寝前に、睡眠時に不足する量の水を補うこと。寝る前に、コップ一杯の水を摂ることが効果的なのです。

晩食に納豆と食べることは、朝方に多く発生する脳梗塞などの血管障害が予防できます。
ナットウキナーゼは食後2,3時間後から血栓を溶かす効果を発揮し、8時間効き目が持続しますから。

さて、この月、晩秋となって、紅葉の季節。
京都ではこの月、東寺や東山の青蓮院、知恩院、清水寺、高台寺、永観堂、黒谷さんなどのライトアップが行われています。
地元、嵐山では大覚寺と天龍寺の宝厳院で、11月8日から12月1日までライトアップがあります。
朝昼の紅葉も綺麗ですが、夜の寺院の紅葉は日頃観ることのできない景観を見せてくれます。

たまには、非日常な体験をして脳に良い刺激を与え、新たな気づきや感動を得るのは良いことですね。
月例講座も懇親会も、ささやかな非日常体験として、楽しみとなるよう精進いたします。
身体の痛苦が取れたり、関節や体幹の可動域が即座に広がる実体験をして、日常生活の糧になりますように。(念)

非日常体験といえば、11月は秋の特別行事として「天河・洞川・吉野を巡るツ
アー」が恒例ですが、今年は11月3,4日の一泊2日になりました。
残念ながら、今年は天川で宿が取れず、宿泊事情によって私を入れて5名で満杯
になりましたので、開示も募集もしませんが悪しからずご了承ください。。

12月には、最終日曜日の29日に、年の納めに東山を巡る「神仏との対座と瞑想の寺院巡り」
を予定しています。
年の納めに、今年実践した主な気の技法も伝授いたしますので、忘年会を兼ねて
ご参加ください。w

開催概要

■とき
2019年11月9日(土)
第2土曜 午後2時から午後4時半まで

■ところ
桂西口会館(阪急桂駅より徒歩2分)1F
TEL:(075)381-4919

■受講料 5,000円(会員以外の方は6,000円となります)

■内容
1 気光の実習 体の調子を整え、気力・体力を高めるには
調気功 重心を整えて、スワイショウI II
立位抜長法 身体の可動が悪い時、一呼吸で脱力して直すトリプルリコイル法
養気功 懐中覧月内周功からの「仏頂尊薬師如来法」
「気」を巡らせ、気感と自然治癒力を高めよう。
経絡気功治療法 経穴や筋膜のつながりを使って硬結を取る法
胆経の肝臓反応点「上陰包」、膀胱経の腎臓反応点「胞盲」などから痛みのフィードバック機能を活用して、身体を修復する法
特習:TL検査法と頭蓋クラニアルによる内臓調整

2講話
 セラピー・ローカライゼーションTL検査の実践
 脳脊髄神経、無意識反射反応が教えてくれること
筋肉と内臓、頭蓋骨の関連
10種の内臓をスキャンする方法
4秒呼吸で一時呼吸を誘発し秒速で不調を解消する7つの法
関節包内の受容器、4つのセンサーの働きとは
全ての動作痛に、戻りなく効果が持続する関節包内センサーリリース法
一部は全体に波及する理で、足首から下を操作して全身の状態を良くする法

3瞑想実習
 呼吸のたびに心身を調え、リフレッシュする気光瞑想法
呼吸と気の小周転の秘訣
仏頂尊をイメージしたハイヤーセルフ、真我へのアプローチ
光のイメージと呼吸を用いて、自然と一体になり自在になろう

 

※テキストをお持ちの方はご持参下さい。
※当日はリラックス出来る服装でお越し下さい。
※気功実習と講話の間に休憩をとります。その間、お体の調子の悪い方は無料で痛苦や不調を解消するヒーリングを行いますので、ご遠慮なく当日お申し付け下さい。
※ 講座終了後、例によって無料懇親会をします。お時間の許すかぎりご参加ください。
主催:気の科学研究所 ℡番号075-861-6230
代表 福田龍博

主催

■気の科学研究所

https://www.kinokagaku.com

桂駅西口会館(阪急桂駅より徒歩2分)1F和室
TEL:(075)381-4119

※講座も懇親会も、当日はリラックス出来る服装でお越し下さい。
※当日は、講座で無料ヒーリングしますので、不調のある方は、お気軽にお申し出下さい。
※テキストをお持ちの方はご持参下さい。

問い合わせ、詳細は『気の科学研究所』
TEL. (075)381-4119 まで
MAIL. kinokagaku.@palette.plala.or.jp

開催場所


大きな地図で見る