気の科学体験講座

「自分」とは「自然の一部分」です。
私たちには、誰にも大自然の力が内在しているのです。

気・心・体を調和させることによって、より自由で自在な自分になり、活き活き生きる「生活」を楽しみ ましょう。
体験講座では、簡単で効果的な気功と瞑想を実際に行い、不調を癒すヒーリングや手当ての方法・日常生 活で役立つ知恵と情報を提供します。

リラクゼーションとリフレッシュ、ストレスの解消の有効な場としてご利用下さい。
講座では、無料ヒーリングも受けられます。
講座終了後の無料懇親会では、時機折々の料理で ”良いお酒”も酌み交わし、ざっくばらんに和気藹々と 歓談できる交流の場を設けていますので、お気軽にご参加下さいね。

・日時 毎月第2土曜日 午後2時時から午後4時30分
・会場 桂西口会館(阪急桂駅西口から徒歩3分)
※下記地図参考
・TEL 075-381-4919
※問い合わせ、詳細は気の科学研究所まで
・TEL 075-861-6230
・MAIL kinokagaku@palette.plala.or.jp

講座の説明

今後の講座

2019年 8月度 「気の科学」体験講座

と き
2019年8月10日(土)
第2土曜 午後2時から午後4時30分まで

ところ  桂西口会館(阪急桂駅より徒歩2分)1F

内 容
1.気光の実習体の調子を整え、気力・体力を高めるには
調気功スワイショウIII、四肢調整別法
練気功大鵬展翅功の応用  気を練るとともに、特に肩甲骨や肩関節の気血の
滞りをなくする法ほか

2.ネオ活法の一手、瞬間に肩の可動域が広がり、痛みが消える法。
戻りをなくすべく、肩甲上腕関節を元通りに締めることほか。

3.呼吸のたびに心身を整え細胞が活性化する気光瞑想ほか

 

 

8月の京都と言えば、16日の五山送り火をはじめ、お盆行事のラッシュです。
盆を終えても京都では、お施餓鬼法要、23,24日の地蔵盆、化野念仏寺の千灯供養などが地域を賑わせる行事となります。

日本各地のお盆の過ごし方は色々ありますが、京都のお盆では、大谷さんへお墓参りや、迎え鐘をついたり、おしょらい(精霊)さんのお迎えに始まり、大文字、舟形、妙法、鳥居形、左大文字の五山送り火でお送りするまでの行事が各所で行われます。

お盆は、盂蘭盆会(うらぼんえ)の略ですが、8月13日に迎え火を炊いて先祖の精霊をお迎えし、中日の期間、家で供物を備えてご供養し、15日または16日に送り火を炊いて、彼岸へお送りする風習が一般的ですね。
京都では、16日が五山送りで、大文字を初め五つの山の松明が、夏の夜空を赤々と照らし出します。
この日、地元嵐山では万籠流しが行われ、渡月橋のたもとから桂川に精霊送りの灯籠が流されます。

盂蘭盆会(うらぼんえ)とはインドのサンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊り)を漢字で音写したもので、「逆さまに釣り下げられるような苦しみにあっている人を救う法要」という意味になります。
故人やご先祖を偲び、心落ち着けて、今在ることを感謝することも、行事を通じた大事なことかと思います。

京都は盆地で、この月はまさに「京の油照り」^^;
地獄のようなとまでは行きませんが、不快指数や酷暑がピークに達する月ですね。

敷地に伸びた夏草をむしるにも汗ビショになっちゃうし、ヒーリングが入るとシャワーが必須。^^;
ちょっとした気功体操をするにも汗をかくので、ついついおっくうになっちゃう頃ですねえ。

8月8日が二十四節気の立秋ですが、秋の気配が立つのを実感できるのだろうか?w
五山送りの16日は三伏の候の末伏過ぎといえども、夏バテ注意の暑い日となるでしょう。^^;

暦書には、立秋には「涼風」吹き始めるとありますが、「涼風」とは立秋から45日の間、坤(南西)の方向から吹く風のことを指します。
立秋にこの風が吹けば、五穀よく熟すといい、もし反対の艮(北東)から吹けば、秋気和せずといいます。

今年は猛暑なので、「涼風」というよりは「熱風」を感じることでしょうね。^^;
湿気のある暑い候では水の代謝が悪くなり、身体の浮腫みや湿邪に注意が必要です。
腰や肩、首の筋肉繊維を触ってみて、硬さや凝りがあるならば、冷房や食事の冷えにも注意しましょう。

そうした筋肉の痛みや凝り、心身の倦怠感があるならば、指や掌を使って不調を解消しましょう。
今月はさほど身体を動かすことなく、時間をかけず力もかけずに、身体を楽にして、凝りや痛みを消す方法をお伝えします。

関節の痛みでも、軟骨や骨には神経がないので痛覚はなく、痛みを感じとるのは神経のある場所である筋肉です。
痛みを感じるときは、必ず筋肉に何かしらの異常があるのです。

この異常は、凝りや硬結などの筋肉の緊張となって現れています。
筋肉が緊張しているので、血管や神経が圧迫されているため、痛みやしびれが生じているわけです。

したがって、整体して骨盤や骨格を正しい位置に治しても、筋肉の緊張がある限り、痛みは消えないのです。
ゆえに、この原因となっている筋原線維の緊張を解き、柔らかくしてやることが、痛みの解消になるのです。

特別な呼吸や気功技術を使うのではなく、生理学に基づいた誰でも即座に簡単にできる方法もあります。
縁に拠って臨床に取り入れている治療院もありますが、ぜひ多くの人に知っていただきたいものです。

力を入れて揉んだり圧し込んだりせずに、簡単な操作でみるみる筋肉が柔らかくなり圧痛が消えるのを実感してみてください。
自分が一人で痛みや凝りを解消したり、わずかな時間で人に施術することもできます。

触って分かる筋硬結だけでなく、筋肉の下のあって触れないインナーマッスルの硬結も解除することが、戻りをなくし完治させるには必須です。
経絡や筋膜のつながりを用いて、痛みが消え、身体の可動域が即座に良くなることを実感しましょう。

気は心といいますが、実体験を通じて、気づき目覚めて、気・心・体を整え、生活を生き生きしたものにしましょう。

今月はまた、瞑想にも十分な時間を取った体験講座を組んでみましょう。
寛ぎながら、心身ともにリラックスでき、調和でき、静かな落ち着きと安寧が得られますように。

もちろん、無料ヒーリングもしますので、不調ある方はご遠慮なくお申し出ください。^^v

 

開催概要

■とき 2019年 8月10日(土)
第2土曜 午後2時から午後4時30分まで

■ところ 桂西口会館(阪急桂駅より徒歩2分)1F
TEL:(075)381-4919

■受講料 5,000円(会員以外の方は6,000円となります)

■内容
1気光の実習体の調子を整え、気力・体力を高めるには
調気功スワイショウIII、四肢調整別法
練気功大鵬展翅功の応用  気を練るとともに、特に肩甲骨や肩関節の気血の
滞りをなくする法
気感交流  リラクゼーションとリフレッシュ
「気」を巡らせ、気感と自然治癒力を高めよう。

2講話と実習
ネオ活法の一手、瞬間に肩の可動域が広がり、痛みが消える法。
戻りをなくすべく、肩甲上腕関節を元通りに締めること。
即座に骨盤を整える活法と、仙腸関節を整える合気仙骨調整法。
リコイル法とポンピング法での全身調整、一連の流れ。
AutmaticAdjustment(A2)硬膜操作による自動整体。
頭蓋クラニアル法、頭蓋縫合に溜まる疲労物質の解放。
ストレスやトラウマ、マイナスの想いや感情をリセットする法。
副交感神経、自律神経を良く働かせ、ホルモン分泌を良くする仙骨ー腎臓操作法。
気持ち良い揺らぎで、脊椎を整え、神経伝達システムを整えるゆらぎ法。
神経反射の活用、上がらない腕、痛む肩や膝などを、反対側緊張抜長法で即座に治す法。

3瞑想実習
呼吸のたびに心身を整え細胞が活性化する気光瞑想
気をコントロールし操作する「小周転法」
チャクラの活性化、クンダリニーと丹田覚醒を得る秘訣
小周転から大周転への移行
うねりとゆらぎによる時計回りの螺旋力による自己活性

※テキストをお持ちの方はご持参下さい。
※当日はリラックス出来る服装でお越し下さい。
※気功実習と講話の間に休憩をとります。その間、お体の調子の悪い方は無料で痛苦や不調を解消するヒーリングを行いますので、ご遠慮なく当日お申し付け下さい。
※ 講座終了後、例によって無料懇親会をします。お時間の許すかぎりご参加ください。
主催:気の科学研究所 ℡番号075-861-6230
代表 福田龍博

主催

■気の科学研究所

https://www.kinokagaku.com

桂駅西口会館(阪急桂駅より徒歩2分)1F和室
TEL:(075)381-4119

※講座も懇親会も、当日はリラックス出来る服装でお越し下さい。
※当日は、講座で無料ヒーリングしますので、不調のある方は、お気軽にお申し出下さい。
※テキストをお持ちの方はご持参下さい。

問い合わせ、詳細は『気の科学研究所』
TEL. (075)381-4119 まで
MAIL. kinokagaku.@palette.plala.or.jp

開催場所


大きな地図で見る