気の科学研究所からのメッセージ

img_001-2

気の科学研究所では、あらゆる問題や不調に対して、
多角度からの分析を講じてプロファイルし、総合的効果的な解決を提供します。
どうすれば良いのか分からない問題や、人間関係や先行きの悩み、
どこへ行っても良くならない不調や心身の悩みのある方はどうぞご連絡下さい。
遠くの方は、メールや手紙、電話による相談にも応じていますので、
お気軽に問い合わせ下さい。代表が、責任をもってお答えします。

—————————————————————————————————————————————
人生には、その人固有のプログラムがあり、ステージテーマがあり、
メカニズムが働いています。
自分は今どういう人生のポイントにあり、どうすればうまく行くのか、
あなた自身の傾向と課題、その対策をぜひお知りください。
自分自身の人生のプログラムと運気律、効果的な自己実現方法を知れば、
幸福と願いが成就するための効果的な手立てが見つかります。
詳しくは、左の「カウンセリングページ」をご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
家庭や人間関係の問題は、性格・役割・宿縁・環境などの条件を
精密にプロファイルすれば、上手な係わり方が分かります。
数理的に9,10,12,27,60サイクルの運気律を活用すれば、
自他と情勢をより良くする手立てが見つかります。
年々、月々、移ろってゆく情勢の中で、大事な時機とチャンスを手遅れなく掴み、
行動していただきたいものです。
貯金でも結婚や設立、転職でもそうですが、縁と時機の因縁・因果は、
これからの人生を豊かにする大切な要素となります。
詳しくは、左の「運気開運・相性」ページをご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
生きていることは、何か苦を伴うものですが、
心身の苦痛は、生の喜びや楽しみを損なうものです。
心身は総合的有機的なもので、複合要因から成り立っています。
例えば根本要因が永い期間の改善を要するものでも、作動要因を処置すれば、
苦痛や支障は大きく軽減できるのです。
痛みや不調は、どうか諦めずに、複合的に相乗効果ある手立てと手当てを
行なっていただきたいものです。
詳しくは、左の「ヒーリング」ページをご覧になって下さい。

お知らせ

詳しくはこちら
2019年2月13日 バレンタインデー、二の午前日、本日は水曜会 明日、2月14日は、巷ではバレンタインデーとか。 日本でのバレンタインデーとチョコレートとの歴史の起源については、所説あり ますね。w 確認されている最も古...続きを読む
2019年2月9日 本日は2時から2月度の気の科学体験講座開催 昨日から2月の3連休ですが、本日は第2土曜日に当たり、月例の気の講座を開 催します。 私にとっては空亡月と生まれ月が重なりますので、学びとまとめ上げを意識して...続きを読む
2019年2月6日 3日後に2月度の講座を控えて、本日は2月最初 の水曜会 立春から2日目ですが、昨日は空模様も春めいて気温も上がり、庭の紅梅の花も 咲き出しました。 毎年節分前後の1週間は天候不順のようで、今日は朝から雨模様で今は降...続きを読む
2019年1月30日 節分を控えて、本日は1月並びに戊戌年最後の水 曜会 1月も晦前で、2日後には2月に入り、3日の日曜が節分会。 明けて4日の立春から、己亥年が始まります。 今年は2日が土曜日ということもあって、2日から節分会を始...続きを読む
2019年1月23日 本日は初庚申日にて、水曜会(夜通しはしませぬ よ。^^;) 今日、1月23日は庚申日ですね。 祇園の八坂庚申堂には、初庚申ということでたくさんの参拝客が訪れてることで しょう。 人が願いを叶えようとすると、何かとそれ...続きを読む

2019年 3月度 「気の科学」体験講座のご案内

★日時:2019年 3月9日(土)第2土曜 午後2時から午後4時30分まで
★講座:2019年「3月度 「気の科学」体験講座」
———————————————————————————————
気のニューテキストには、奇経・交会穴・特効点治療を組み合わせた、
効果的なパワーシール・鍼灸・指圧療法が載っています。
症状別に全てが網羅してありますので、ニューテキストを活用してくださいね。
受講生、及び会員の方は 更新時に1冊無料進呈。会員以外の方は、
1冊1万円で、気を込めてお届けします。

今月のお話

立春、2月4日からは、八白土星中宮の己亥(つちのとい、きがい)年が開きます。 運気律、因果律、数理などを踏まえて、課題に沿って良き年となりますように。

己は、土の陰気を意味しますが、語源は三本の平行線で、条理が整然としている様を表し ています。 亥は、門構えに亥を入れた字で、同じく「がい」と読みますが、意外と亥の音読みを知ら ない人が多いものですね。 亥は、草木の生命力が種の中に閉じ込められた状態を表しています。

亥の陰陽五行は、水の陰気を指しています。
したがって、干支の己亥は、天干の己が地支の亥を土剋水で剋しているので、剋を解消す るには金気を通関して、土生金、金生水と循環を図ると良いですね。

黄帝内経を紐解くと、気交変大論に、己の年は土運不及とあり、土気が不足すると書いて あります。
土運不及の年は、風気が広がって土の化成能力が発揮できず、草木は成長して育つもの の、育ちすぎて花が咲いても実が実りにくいとか。^^;

天上の木星の光が強くなるのがサインですが、人は下痢症状、身体の重だるさ、筋骨の動 揺、腹の腫物などの病気に罹りやすくなり、心は怒りっぽくなりやすいと書かれています。w 怒りや憎悪など、負の感情は自らの幸福を破壊するモノなので、腹を立てずに気を長く、 呼吸を整えて行きましょう。

気交変大論には、土気が不及なので水を制することができず、寒水の気が旺盛になると、 虫などは早く冬眠に入り、人は寒気に当たって病気になりやすく、軟便の症状が出やすく なるとあります。
天候では適時適量の雨が降ることができず、風と寒気は起こって、大風も吹き、草木は十 分に実を養うことができないでしょう。
年の気は散漫で、その作用は沈静と安定ですが、人体の変動は、できもの、痛腫 、糜 爛、膿などで、発病は湿気の停留として現れ、内臓では脾に表れやすいといいます。

さらに至真要大論には、厥陰風木が天を司る年の特徴として、人は胃の中心が痛んだり、 脇の下に硬結ができたり、胸郭や咽喉の通りが悪くなったり、舌根が固くなったりしやく なるとあります。
腹が冷えて下痢や軟便が出たり、小便不通などの病気に罹りやすくなりますが、これらの 症状はみな、脾から発しているので、今年は脾胃のケヤーが大事ですね。
寒気に当たって発病や症状の悪化が起こりやすくなりますので、私は妻とペアの赤い腹巻 を重宝してます。w

衝陽(足の甲の動脈上のツボ)の脈動が止まれば致命的とありますので、今年は この経絡の気を良く通しましょう。
臨床上、左の肩甲骨下に硬結や圧痛があれば胃、その下の肋骨にあれば膵臓が不調、右の 肩甲骨下にあれば肝臓に不調があることが多いものです。

副腎皮質や腎臓も含めて、内臓整体法を用いて、講座や個別ヒーリングで即座に調子を良 く整えてください。
痛苦があると、生活の楽しみを阻害しますから、早く治すようにしましょう。

内臓は筋膜とも連結しているので、身体の可動も良くなります。
身体の痛みが内臓由来だった場合、筋硬結を解いてもまた戻りが生じますから、根治には 内臓調整も大事です。

また、古傷も含めて痛みはタタリの如く記憶され、その記憶が身体をかばう癖となり、色 んなところに不具合や痛みを発生させます。^^;
したがって、不調・不具合を整えたら、脳脊髄神経をリセットしておくが肝腎です。

寒いこの時節は、筋肉が収縮して、硬結ができて痛んだり、身体の可動域が不自由になっ ていやすいものです。
経絡の気をよく通したり、痛む箇所の原因となっている黒幕の異常のある部位を見つけ硬 結を解き、筋膜の滑走を良くして、身体の調子を良くしましょう。
お腹の中の調子も整え、脳脊髄液の循環も良くして、脳波をアルファ波の10Hzに誘導し て、ストレスも身体の不具合もリセットできると良いですね。

今期の冬は暖冬だったため、冷えは余計に身体に応えます。
身も心も温かくして、冬を楽しみ、春の訪れを楽しみましょう。

新着情報

2018/01/15【アラカルト】自他をより良く変える21日行の勧め

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】群を抜きんでる、早着の行

詳しくはこちら

リード・アゲイン

「アラカルト」 126:冬だけでなく、腹巻のお勧め

詳しくはこちら

「アラカルト」 28:オシッコ近くて、むくんでませんか?

詳しくはこちら

「アラカルト」 82:冬場の「ヒートショック」にご用心!

詳しくはこちら

「アラカルト」 58:冬場の吐き気と下痢、ノロウィルスについて

詳しくはこちら

「ヒーリング」 34:高血圧のために

詳しくはこちら

「ヒーリング」 23:秋と冬に悪化しやすい慢性腰痛に

詳しくはこちら

研究所概要

詳しくはこちら
研究所名 気の科学研究所
所在地 〒616-0021
京都府京都市西京区嵐山森ノ前町5-27
TEL 075-861-6230
FAX 075-864-6436
受付時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
代表者 福田龍博
業務内容 あらゆる問題の解決に対する個別カウンセリングとコンサルタント。
あらゆる心身の不調に対するヒーリング。
企業研修、接遇研修、自己開発セミナー、法則講座・ヒーリング講座など各種学習会。

大きな地図で見る