気の科学研究所からのメッセージ

img_001-2

気の科学研究所では、あらゆる問題や不調に対して、
多角度からの分析を講じてプロファイルし、総合的効果的な解決を提供します。
どうすれば良いのか分からない問題や、人間関係や先行きの悩み、
どこへ行っても良くならない不調や心身の悩みのある方はどうぞご連絡下さい。
遠くの方は、メールや手紙、電話による相談にも応じていますので、
お気軽に問い合わせ下さい。代表が、責任をもってお答えします。

—————————————————————————————————————————————
人生には、その人固有のプログラムがあり、ステージテーマがあり、
メカニズムが働いています。
自分は今どういう人生のポイントにあり、どうすればうまく行くのか、
あなた自身の傾向と課題、その対策をぜひお知りください。
自分自身の人生のプログラムと運気律、効果的な自己実現方法を知れば、
幸福と願いが成就するための効果的な手立てが見つかります。
詳しくは、左の「カウンセリングページ」をご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
家庭や人間関係の問題は、性格・役割・宿縁・環境などの条件を
精密にプロファイルすれば、上手な係わり方が分かります。
数理的に9,10,12,27,60サイクルの運気律を活用すれば、
自他と情勢をより良くする手立てが見つかります。
年々、月々、移ろってゆく情勢の中で、大事な時機とチャンスを手遅れなく掴み、
行動していただきたいものです。
貯金でも結婚や設立、転職でもそうですが、縁と時機の因縁・因果は、
これからの人生を豊かにする大切な要素となります。
詳しくは、左の「運気開運・相性」ページをご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
生きていることは、何か苦を伴うものですが、
心身の苦痛は、生の喜びや楽しみを損なうものです。
心身は総合的有機的なもので、複合要因から成り立っています。
例えば根本要因が永い期間の改善を要するものでも、作動要因を処置すれば、
苦痛や支障は大きく軽減できるのです。
痛みや不調は、どうか諦めずに、複合的に相乗効果ある手立てと手当てを
行なっていただきたいものです。
詳しくは、左の「ヒーリング」ページをご覧になって下さい。

お知らせ

詳しくはこちら
2018年8月11日 本日は新月にて、心身に元気を培うべく、8月度 気の科学体験講座 今日、11日は山の日で祝日となり、盆休みに入ったところも多いことでしょう。 私の仕事は、余り休日には影響なく、むしろ一般的な休日に予約が入ることが多いものです...続きを読む
2018年8月8日 盆行事始まり、3日後に8月度の講座を控えて、 本日は水曜会 昨日が暦の上では立秋でしたが、京都は暑く、秋の気配が立つのは感じられませんでした。^^; 夕立も来ず、連日「京の油照り」が続いておりますが、やっと今朝になって...続きを読む
2018年8月1日 8月入り、京の七夕始まり、本日は二の丑にて水 曜会。 今日から8月に入り、「京の七夕」の一環として、二条城の夏季ライトアップが始まります。 五山送りの前日、15日まで毎日午後7時から9時半までがライトアアップの時...続きを読む
2018年7月25日 大暑と中伏の中日、炎暑の中、月は満ち行き、本 日は7月最終水曜会 一昨日23日に二十四節気の「大暑」を迎えましたが、いやはや今年はスーパー猛暑ですね。^^; 京都ではもう11日以上も38℃を超える日が続いてますが、中でも前祭...続きを読む
2018年7月18日 昨日から三伏の候に入り、2日後に土用の入りを 控えて、本日は水曜会 7月7日の七夕の小暑から、いよいよ夏も盛りになりゆき、23日の大暑の頃には暑気甚だしく、時々にわか雨が降ると暦にあります。 今年は、小暑というより猛暑でw、...続きを読む

2018年 8月度 「気の科学」体験講座のご案内

★日時:2018年 8月11日(土・山の日祝日)第2土曜 午後2時から午後4時30分まで
★講座:2018年「8月度 「気の科学」体験講座」
———————————————————————————————
気のニューテキストには、奇経・交会穴・特効点治療を組み合わせた、
効果的なパワーシール・鍼灸・指圧療法が載っています。
症状別に全てが網羅してありますので、ニューテキストを活用してくださいね。
受講生、及び会員の方は 更新時に1冊無料進呈。会員以外の方は、
1冊1万円で、気を込めてお届けします。

今月のお話

8月の京都と言えば、16日の五山送り火をはじめ、お盆行事のラッシュです。
盆を終えても京都では、お施餓鬼法要、23,24日の地蔵盆、化野念仏寺の千灯供養などが地域を賑わせる行事となります。

日本各地のお盆の過ごし方は色々ありますが、京都のお盆では、大谷さんへお墓参りや、 迎え鐘をついたり、おしょらい(精霊)さんのお迎えに始まり、大文字、舟形、妙法、鳥居形、左大文字の五山送り火でお送りするまでの行事が各所で行われます。

お盆は、盂蘭盆会(うらぼんえ)の略ですが、8月13日に迎え火を炊いて先祖の精霊をお迎えし、中日の期間、家で供物を備えてご供養し、15日または16日に送り火を炊いて、彼岸へお送りする風習が一般的ですね。
京都では、16日が五山送りで、大文字を初め五つの山の松明が、夏の夜空を赤々と照らし出します。
この日、地元嵐山では万籠流しが行われ、渡月橋のたもとから桂川に精霊送りの灯籠が流されます。

盂蘭盆会(うらぼんえ)とはインドのサンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊り)を漢字で音写したもので、 「逆さまに釣り下げられるような苦しみにあっている人を救う法要」という意味になります。
故人やご先祖を偲び、心落ち着けて、今在ることを感謝することも、行事を通じた大事なことかと思います。

お盆の15日は水曜会もありますが、午後から奥嵯峨の寺院を巡って、気功と瞑想を楽しんでもらっての直会にしましょう。
涼しいうちに行くのが良いのですが、料理の準備でままならず、それでも涼しいエネルギースポットがあるので、熱中症にはなりますまい。w

京都は盆地で、この月はまさに「京の油照り」^^;
地獄のようなとまでは行きませんが、不快指数や酷暑がピークに達する月ですね。

今年はスーパー猛暑なので、熱中症には注意が必要ですが、小まめな水分の補給は必須です。
1日最低1.5リットルから2リットルは体に必要ですので、猛暑で体内も日照りにならないよう、注意しましょう。

暑いからといって、冷たい水でも、ビールやハイボールでも、がぶ飲みすると胃腸を損ね、却って夏バテを招くことになります。
身体にとって飲み物は常温かぬるめが良いのですが、熱を加えた生姜などで身体の内部は温めることが大事ですね。

生の生姜は殺菌作用はあるのですが、身体を温める効果はありませんから。^^;
干した生姜(乾姜)や熱を加えた生姜には、身体を温める効能があります。

湿気のある暑い候では、水の代謝が悪くなり、身体の浮腫みや湿邪に注意が必要です。
腰や肩、首の筋肉繊維を触ってみて、硬さや凝りがあるならば、冷房や食事の冷えにも注意しましょう。

水の代謝を良くするに、血圧を下げるに、カリウムを摂るのが良く、夏野菜では瓜類が効果的です。
胡瓜、青瓜、冬瓜、素麺瓜、西瓜などが旬で良いのですが、夏野菜は全般に身体を冷やしますので、唐辛子を加えたりしてバランスを取りましょう。

夏バテを防ぎ、夏場に多い血管障害を予防し、血糖値や中性脂肪値の上昇を抑え、食物繊維で腸内環境を整えるには、ネバネバ食品が最適です。
叩いて湯がいたオクラの冷やしだし汁、マグロの山掛け、酢を少し加えた納豆などが、我が家の定番です。w

どこまで続く炎暑ぞ、という日照りの続く今年の夏ですが、夏バテしないよう、夏の夜を快適に過ごして、夏を楽しみましょう。
食は大事、食事は食餌に非ずで、脾・胃を労わり、活力が養える料理を工夫し、歓談したり、寛いで、美味しく楽しく飲食するのが良いですね。^^

夏休みや盆休などで、のんびり過ごして心身を休めるのもいいですが、身体を動かさず時間をダラダラ過ごすとあまり楽しめず、却って仕事復帰の際にしんどくなりますのでご用心ください。^^;
弾みや励みをつけて、思わしくないことには流れや習慣に「破(ブレイク)」を入れ、自他ともに楽しみや喜びを作り出すべく意識して行動し、生き生き、活き活きした生活を目指しましょう。^^v

新着情報

2018/01/15【アラカルト】自他をより良く変える21日行の勧め

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】群を抜きんでる、早着の行

詳しくはこちら

リード・アゲイン

「アラカルト」 123:生活習慣病にオリーブオイルとココナツオイルのお勧め

詳しくはこちら

「アラカルト」 02:月の満ち欠けとバイオリズム

詳しくはこちら

「アラカルト」 09:昼食後の眠気対策

詳しくはこちら

「アラカルト」 35:素朴な優れモノ、味噌汁

詳しくはこちら

「アラカルト」 66:梅雨時の関節の痛みに

詳しくはこちら

研究所概要

詳しくはこちら
研究所名 気の科学研究所
所在地 〒616-0021
京都府京都市西京区嵐山森ノ前町5-27
TEL 075-861-6230
FAX 075-864-6436
受付時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
代表者 福田龍博
業務内容 あらゆる問題の解決に対する個別カウンセリングとコンサルタント。
あらゆる心身の不調に対するヒーリング。
企業研修、接遇研修、自己開発セミナー、法則講座・ヒーリング講座など各種学習会。

大きな地図で見る