気の科学研究所からのメッセージ

img_001-2

気の科学研究所では、あらゆる問題や不調に対して、
多角度からの分析を講じてプロファイルし、総合的効果的な解決を提供します。
どうすれば良いのか分からない問題や、人間関係や先行きの悩み、
どこへ行っても良くならない不調や心身の悩みのある方はどうぞご連絡下さい。
遠くの方は、メールや手紙、電話による相談にも応じていますので、
お気軽に問い合わせ下さい。代表が、責任をもってお答えします。

—————————————————————————————————————————————
人生には、その人固有のプログラムがあり、ステージテーマがあり、
メカニズムが働いています。
自分は今どういう人生のポイントにあり、どうすればうまく行くのか、
あなた自身の傾向と課題、その対策をぜひお知りください。
自分自身の人生のプログラムと運気律、効果的な自己実現方法を知れば、
幸福と願いが成就するための効果的な手立てが見つかります。
詳しくは、左の「カウンセリングページ」をご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
家庭や人間関係の問題は、性格・役割・宿縁・環境などの条件を
精密にプロファイルすれば、上手な係わり方が分かります。
数理的に9,10,12,27,60サイクルの運気律を活用すれば、
自他と情勢をより良くする手立てが見つかります。
年々、月々、移ろってゆく情勢の中で、大事な時機とチャンスを手遅れなく掴み、
行動していただきたいものです。
貯金でも結婚や設立、転職でもそうですが、縁と時機の因縁・因果は、
これからの人生を豊かにする大切な要素となります。
詳しくは、左の「運気開運・相性」ページをご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
生きていることは、何か苦を伴うものですが、
心身の苦痛は、生の喜びや楽しみを損なうものです。
心身は総合的有機的なもので、複合要因から成り立っています。
例えば根本要因が永い期間の改善を要するものでも、作動要因を処置すれば、
苦痛や支障は大きく軽減できるのです。
痛みや不調は、どうか諦めずに、複合的に相乗効果ある手立てと手当てを
行なっていただきたいものです。
詳しくは、左の「ヒーリング」ページをご覧になって下さい。

お知らせ

詳しくはこちら
2017年10月18日 2日後に秋の土用を控えて、本日は晴れの水曜会 雨降るごとに気温が下がり、秋が深まって行きますね。 京都は今日やっと晴れましたが、秋の雨は陰鬱で嫌いです。^^; 散った桃やら菩提樹の葉を掃いて、洗濯物を干...続きを読む
2017年10月14日 本日は、10月度気の科学体験講座 夏がぶり返したかのような陽気の数日が終わり、秋雨来りて、今度は急激に冷え込むようですね。 秋の寝冷えは要注意で、夏用の寝具や薄着の夜着で、明け方の冷えや汗の内...続きを読む
2017年10月11日 連休の祭遊行を終え、3日後に気の講座を控えて 、本日は水曜会。 夏がぶり返したような気温の今日この頃ですね。^^; 皆さま、連休は如何お過ごしでしたか? 真夏陽気で、歩くには暑かったですが^^;予約無き日の晴天に家...続きを読む
2017年10月4日 本日は中秋にて月を思い、10月最初の水曜 会。 10月4日、本日は暦によると「仲秋の明月」とあります。 「明月」と「名月」には拘りませんが、陰暦では8月15日のことを中秋といいます。 仲秋とは、秋を、孟・...続きを読む
2017年9月27日 不動明王御縁日前日、HPをリニューアルして、9 月最終水曜会 9月に入って、日々の流れが何だかメチャ早くなってる気がしますが、私だけ?w 昨日に彼岸を明けて、今日を入れても9月は後4日のみですね。。 9月7日から10月...続きを読む

17年 秋の特別編 天ノ川瞑想体験の旅のご案内

★日時:2017年 11月3日(祝)~4日(土)
★集合:11月3日(金祝)午前10時  気の科学研究所
★講座:2017年「17年 秋の特別編 天ノ川瞑想体験の旅」
———————————————————————————————
3日:天河弁財天社および周辺散歩観音参拝、天の川温泉センター入浴、深夜神殿瞑想
4日:天河弁財天社参拝、大峯山洞川龍泉寺、吉野山蔵王堂・如意輪寺参拝

11月度 気の科学体験講座のご案内

★日時:2017年11月11日(土)第2土曜 午後2時から午後4時30分まで
★講座:2017年「11月度 「気の科学」体験講座」
———————————————————————————————
気のニューテキストには、奇経・交会穴・特効点治療を組み合わせた、
効果的なパワーシール・鍼灸・指圧療法が載っています。
症状別に全てが網羅してありますので、ニューテキストを活用してくださいね。
受講生、及び会員の方は 更新時に1冊無料進呈。会員以外の方は、
1冊1万円で、気を込めてお届けします。

今月のお話

10月8日が二十四節気の「寒露」で、酉の月が終わり、戌月に入ります。
この頃になると陰気が増長し、降る露が寒涼になるという意味です。
秋は深まり行き、20日からは秋の土用に入り、11月7日の立冬になるまで土用期間が続きます。

土用は季節の変わり目に当たり、秋から冬へと移行する期間は、心身の変調に注意しましょう。
土に気が盛んになりますので、五行の理では脾・胃に邪気が溜まらないよう、また憂悶が募らないようにすることが要になります。

土用の禁忌は、土を動かしたり、掘ったりすることが第一に挙げられますね。
陰陽道で言う土公神(どくじん)の伝説は迷信ですが、土を休めるべき期間、人体でも胃を休めることは大事です。
食欲の秋ですが、昔と違って過食傾向のある現代、食べすぎ、飲み過ぎは自制しましょう。w

土木工事や植木の移転などは、10月20日から11月6日まで18日間もできないのは不便なので、間日が設けてありますね。
秋の土用の間日は、未、酉、亥の日なので、10月23,25,27日と11月4,6日となります。
風習を大事にする方、気になる方はこの間日に着手されると良いでしょう。

夏の土用は、丑の日に「う」のつく物、黒いものを食べることが縁起食、風習食でした。
これは夏には枯れた冬の玄気を得ることが夏バテを防ぐという五行の理から生じた風習です。

その伝では、秋の土用は、辰の日に「た」のつく物や青いものを食べることが縁起食になります。
丑の「う」、辰の「た」は単なる縁起担ぎですから、玉ネギでも担々麺でも何でもいいでしょう。w
秋には枯渇した春の青い気を得ようとするなら、秋刀魚や鯖などの青魚が脂が乗ってて良いですね。^^

スーパーなどで、またしても丑の日ウナギを宣伝したり、土気の脾・胃を休める期間なのに同気の甘味がたっぷりの餡ころ餅を出すのはどうかと思いますが。^^;
自覚症状のない初期糖尿と云われた私は、青魚に大根おろし、春の木気に属する酸味あるスダチやカボスを添えて、季節を味わうことにします。w

季節を味わうに、秋の遊行もいいもんです。^^
京都では、初旬にあちこちで観月会が開かれますが、6日から15日の妙心寺塔頭東林院「梵燈のあかりに親しむ会」など夜間特別拝観も多いですね。
地元では、嵯峨天龍寺の塔頭、宝厳院の特別拝観が7日から12月10日まで行われます。

7日から9日は、高雄の神護寺で五大虚空蔵菩薩御開帳がありますが、22日の時代祭より私には値打ちがありです。w
15日13:00に催される東山の即成院の二十五菩薩お練り供養も、一見の価値がありますね。

これから紅葉も進んで行き、東山の高台寺・圓徳院は21日から、青蓮院は27日、東寺は28日から12月初頭まで夜間拝観ができます。
東山の清水寺や永観堂、曼殊院、知恩院、嵐山方面では大覚寺、宝厳院などは11月初旬からが夜間拝観が始まります。

たまには夜の遊行も楽しみつつ、夜長の秋が充実や癒しになりますように。^^
四季の土用がある月、秋は戌月、冬は丑月、春は辰月、夏は未月は、それぞれの人が表裏いずれかは墓運働く月です。
陰極まって一陽来復、先祖や神仏との縁が働く月ですので、守護となる神仏参りも良い効果があるでしょう。^^v

心身に陽気を養うことも大事な月です。
食養生では、陰極まって陽となる理で根菜をよく摂ったり、内から身体を温める生姜などを用いて冷えに適応して行きましょう。
談笑の機会を多くしたり、笑い声を上げたり、気が良く発揚する機会を設けたりすることが良いですね。

痛みや運動障害は、筋繊維が冷えて硬結しやすくなると悪くなりますので、その前にヒーリングしておきましょう。
心配や先行きの不安など、陰気が強くなって行くと心も弾みませんので、問題を整理し解決して行きましょう。^^v

新着情報

2017/04/07★【アラカルト】自他をより良く変える21日行の勧め

詳しくはこちら

2017/04/04★【アラカルト】群を抜きんでる、早着の行

詳しくはこちら

2017/01/10【アラカルト】129:黄帝内経から観る2017年の傾向

詳しくはこちら

2016/06/13【コンセプト】41:現代風水、寝室の下に配管の凶、ジオパシックストレス

詳しくはこちら

2015/03/07【アラカルト】127:花粉症、アレルギー性鼻炎に3つのお茶の勧め

詳しくはこちら

2015/03/03【ヒーリング】42:三大交会穴療法について

詳しくはこちら

2015/02/17【アラカルト】126:冬だけでなく、腹巻のお勧め

詳しくはこちら

リード・アゲイン

「アラカルト」 54:秋財布は、縁起が悪い?

詳しくはこちら

「アラカルト」 26:秋から冬にかけての乾燥対策

詳しくはこちら

「アラカルト」 24:秋の寝冷え対策

詳しくはこちら

「アラカルト」 11:自信がないと悩まないで

詳しくはこちら

「ヒーリング」 11:秋から増える口内炎を治そう

詳しくはこちら

研究所概要

詳しくはこちら
研究所名 気の科学研究所
所在地 〒616-0021
京都府京都市西京区嵐山森ノ前町5-27
TEL 075-861-6230
FAX 075-864-6436
受付時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
代表者 福田龍博
業務内容 あらゆる問題の解決に対する個別カウンセリングとコンサルタント。
あらゆる心身の不調に対するヒーリング。
企業研修、接遇研修、自己開発セミナー、法則講座・ヒーリング講座など各種学習会。

大きな地図で見る