気の科学研究所からのメッセージ

img_001-2

気の科学研究所では、あらゆる問題や不調に対して、
多角度からの分析を講じてプロファイルし、総合的効果的な解決を提供します。
どうすれば良いのか分からない問題や、人間関係や先行きの悩み、
どこへ行っても良くならない不調や心身の悩みのある方はどうぞご連絡下さい。
遠くの方は、メールや手紙、電話による相談にも応じていますので、
お気軽に問い合わせ下さい。代表が、責任をもってお答えします。

—————————————————————————————————————————————
人生には、その人固有のプログラムがあり、ステージテーマがあり、
メカニズムが働いています。
自分は今どういう人生のポイントにあり、どうすればうまく行くのか、
あなた自身の傾向と課題、その対策をぜひお知りください。
自分自身の人生のプログラムと運気律、効果的な自己実現方法を知れば、
幸福と願いが成就するための効果的な手立てが見つかります。
詳しくは、左の「カウンセリングページ」をご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
家庭や人間関係の問題は、性格・役割・宿縁・環境などの条件を
精密にプロファイルすれば、上手な係わり方が分かります。
数理的に9,10,12,27,60サイクルの運気律を活用すれば、
自他と情勢をより良くする手立てが見つかります。
年々、月々、移ろってゆく情勢の中で、大事な時機とチャンスを手遅れなく掴み、
行動していただきたいものです。
貯金でも結婚や設立、転職でもそうですが、縁と時機の因縁・因果は、
これからの人生を豊かにする大切な要素となります。
詳しくは、左の「運気開運・相性」ページをご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
生きていることは、何か苦を伴うものですが、
心身の苦痛は、生の喜びや楽しみを損なうものです。
心身は総合的有機的なもので、複合要因から成り立っています。
例えば根本要因が永い期間の改善を要するものでも、作動要因を処置すれば、
苦痛や支障は大きく軽減できるのです。
痛みや不調は、どうか諦めずに、複合的に相乗効果ある手立てと手当てを
行なっていただきたいものです。
詳しくは、左の「ヒーリング」ページをご覧になって下さい。

お知らせ

詳しくはこちら
2018年12月12日 正月事始め前日、月日に12が重なりますがめで たくもなく、PC乗り換えて水曜会。w ここ3日ほど冷え込む日が続いてますが、今日は降ったり、照ったりとややこしい天気の京都です。w このところの気温の寒暖差は大きく、生き物には応えますねえ。^^; ...続きを読む
2018年12月8日 納め薬師に事納めの本日、12月度気の科学体験 講座開催 今日、12月8日は、納め薬師の日です。 8日は薬師如来のご縁日ですが、「納めの薬師」とは、その年の最後の薬師の縁日のことで、この1年間のご加護を感謝するととも...続きを読む
2018年12月5日 3日後に12月度の気の講座を控えて、本日は1 2月最初の水曜会。 12月に入りましたが、どーも今年の気候は異常で、昨日なんか日中気温は23℃もありました。 今日は昨日より暖かく、100年ぶりの暖冬とか。w その分、紅葉の...続きを読む
2018年11月28日 チェンマイから帰って、本日は11月最終水 曜会 20日に日本を発ち、何とか!24日に帰国しましたが、今度の旅はいささか大変でした。^^; 結論から言うと、中国系の格安海外旅行は、もう御免です。...続きを読む
2018年11月14日 来週のタイ旅行を控えて、本日は水曜会 10日に11月度の気の講座を終え、連日の予約で忙殺されてますが、翌月の傾向と対策指示書の作成を始めねばならず、多忙な亥月になってます。w 来週20日から24日...続きを読む

18年「冬の特別行事戌年の納め、神仏との対座と瞑想の寺院巡り」のご案内

★日時:2018年12月23日(日曜日・天皇誕生日)
★集合:午前10時 気の科学研究所
TEL:(075)861-6230
★講座:2018年『冬の特別行事 戌年の納め、神仏との対座と瞑想の寺院巡り』のご案内
———————————————————————————————
★費用:納めの寺院巡り 昼食・交通費・拝観料込み1万円
納めの忘年会 飲食料 別途5,000円

2019年 1月度 「気の科学」体験講座のご案内

★日時:2019年 1月12日(土)第2土曜 午後2時から午後4時30分まで
★講座:2019年「1月度 「気の科学」体験講座」
———————————————————————————————
気のニューテキストには、奇経・交会穴・特効点治療を組み合わせた、
効果的なパワーシール・鍼灸・指圧療法が載っています。
症状別に全てが網羅してありますので、ニューテキストを活用してくださいね。
受講生、及び会員の方は 更新時に1冊無料進呈。会員以外の方は、
1冊1万円で、気を込めてお届けします。

今月のお話

平成の代、最後の12月に入りました。
師走は法師ならずとも、忙しく慌ただしいものですが、心亡くさず、心荒らさず、良き平成の年納めができますように。(念)

12月22日の冬至からは、一陽来復。
だんだん徐々にと昼の長さが長くなりゆくのですが、実際には「冬至冬なか冬はじめ」といって、寒さがいっそう厳しくなって行きます。^^;

痛みや筋硬結には冷えは厳禁、また身体の冷えは血流やリンパの流れを悪くし、万病の元ともなりますので要注意。
私、既に赤の腹巻を着用し、腹部を冷やさぬよう配慮しておりますよ。w

冬至には柚子風呂に入る風習が、全国にありますが、ユズ風呂には、血液の流れを良くする血行促進効果が高く、冷え性や神経痛、腰痛、リウマチなどを癒す効果もあります。
果皮に含まれるクエン酸やビタミンCにより、美肌効果もある上、柚子の精油ピネン・シトラールなどのアロマ効果と皮膚からの刺激により、血行を促進し、皮膚も保湿され、寒くて停滞しがちな、体の機能を目覚めさせるのです。

ある検査によると、さら湯(普通のお湯)と柚子湯に入浴後のノルアドレナリンを比べたところ、
なんと、4倍の差が出たそうです。
ノルアドレナリンは、血管を収縮させる効果のある成分ですから、それだけ血管が拡張していたことが分かります。

古くから日本では、柚子風呂はひび・あかぎれを治し、風邪の予防になるだけでなく、

中風(脳卒中)にならないと伝承されてきましたが、まさに効果的な、昔の人の知恵ですね。^^

冬至は湯治(とうじ)に通じ、柚子は「融通」が利きますようにと、年の暮れ行事として、
江戸時代の庶民も味わったものです。

柚子湯の作り方としては、柚子の果実を5~6個輪切りにして、湯に浮かべます。
皮膚が弱い方はヒリヒリしますので、輪切りにした柚子の果実を熱湯で、20~30分蒸らし、
その後、布袋に入れて湯に浮かべるとよいですよ。^^v

市販のユズの香りの入浴剤より、香りも鮮烈で、効能も高いので、ぜひ味わって下さい。w

季節を味わえる行事は、日本の風土の恵みですね。^^

また、この日は「冬至かぼちゃ」といって、かぼちゃを食べると病気にならないと
古くから各地で言い伝えられていますね。

「中風(脳卒中)にならない」「風邪をひかない」「長生きできる」などのほかにも
「厄よけになる」「一年中おこづかいにこまらない金運がつく」などの言い伝えがあります。w

実際にかぼちゃには、体内でビタミンAに変化するカロチンがたっぷり含まれています。

ビタミンAは、肌をツヤツヤにし動脈硬化の予防になるだけでなく、皮膚や粘膜、視力、骨や歯にも効果があるものです。

冬至の行事食は地域によって若干違いますが、「かぼちゃ」のほかには「こんにゃく」を食べる風習もあります。
「トウジ、コンニャク、スナハライ」という言葉が、冬至近くになるとよく口にされますが、
こんにゃくは1年間たまった砂を払うものだといわれています。
繊維質が乏しくり、寒さによって便秘がちになる頃、こんにゃくは格好の腸のお掃除ができますからね。^^

また、冬至には、「冬至の七種(ななくさ)」といって、「ん」のつく食品を食べると病気にかからず、幸運が得られるという言い伝えもあります。
冬至の七種とは「ん」が2つつく食べもので、
「なんきん(かぼちゃ)」「にんじん」「れんこん」「ぎんなん」「きんかん」「かんてん」「うんどん(うどん)」のことです。

うどんはこじつけみたいですが、運(うん)・鈍(どん)・根(こん)に通じるので、出世するといわれています。w
美しき言霊の国、日本ですね。(笑)

正月の迎えをしない家も増えてるようですが、年の暮れには、「しめ飾り」を用意したいところ。
そもそも「しめ飾り」は、神社などでよく目にする「しめ縄」にお飾りをつけたもので、

縄を張った内側が神様をまつるのにふさわしい神聖な場所であることを示すためのものです。

毎年お正月に家々を訪れ、一年間の幸せをもたらすといわれている年神様をお迎えするためのものです。
また、門松は年神様が来訪するための依代であり、鏡餅は年神様への供え物です。

いずれも縁起物ですが、29日に飾るのは二重苦にちなみ縁起が悪い。^^;
31日に飾るのは「一夜飾り」といって、年神様をおろそかにするので避けられたそうです。

毎年、どなたの家にも訪れて、一年の幸をもたらすという霊験アラタカな年神様。
今年もオロソカにせず、縁起を以って、来臨応護してもらいましょう。^^

さて、このしめ飾りなどは、年神様が帰るとされる1月7日に外すのが一般的だが、
地方によっては15日まで飾っておくところもありますね。
外した「しめ飾り」は、小正月の15日に開催される神事「どんど焼き」で燃やす
のがベストですよ。

近所の神社の古札納所に持っていけない場合、家庭ゴミで出す際は、神聖なモノですので、せめて他のゴミと袋は分けたいものですね。
呪(しゅ)を言祝ぎに、縁起を良き因縁生起に活用して、新たな良き年が開きますように。(念)

新着情報

2018/01/15【アラカルト】自他をより良く変える21日行の勧め

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】群を抜きんでる、早着の行

詳しくはこちら

リード・アゲイン

「アラカルト」 126:冬だけでなく、腹巻のお勧め

詳しくはこちら

「アラカルト」 28:オシッコ近くて、むくんでませんか?

詳しくはこちら

「アラカルト」 82:冬場の「ヒートショック」にご用心!

詳しくはこちら

「アラカルト」 58:冬場の吐き気と下痢、ノロウィルスについて

詳しくはこちら

「ヒーリング」 34:高血圧のために

詳しくはこちら

「ヒーリング」 23:秋と冬に悪化しやすい慢性腰痛に

詳しくはこちら

研究所概要

詳しくはこちら
研究所名 気の科学研究所
所在地 〒616-0021
京都府京都市西京区嵐山森ノ前町5-27
TEL 075-861-6230
FAX 075-864-6436
受付時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
代表者 福田龍博
業務内容 あらゆる問題の解決に対する個別カウンセリングとコンサルタント。
あらゆる心身の不調に対するヒーリング。
企業研修、接遇研修、自己開発セミナー、法則講座・ヒーリング講座など各種学習会。

大きな地図で見る