気の科学研究所からのメッセージ

img_001-2

気の科学研究所では、あらゆる問題や不調に対して、
多角度からの分析を講じてプロファイルし、総合的効果的な解決を提供します。
どうすれば良いのか分からない問題や、人間関係や先行きの悩み、
どこへ行っても良くならない不調や心身の悩みのある方はどうぞご連絡下さい。
遠くの方は、メールや手紙、電話による相談にも応じていますので、
お気軽に問い合わせ下さい。代表が、責任をもってお答えします。

—————————————————————————————————————————————
人生には、その人固有のプログラムがあり、ステージテーマがあり、
メカニズムが働いています。
自分は今どういう人生のポイントにあり、どうすればうまく行くのか、
あなた自身の傾向と課題、その対策をぜひお知りください。
自分自身の人生のプログラムと運気律、効果的な自己実現方法を知れば、
幸福と願いが成就するための効果的な手立てが見つかります。
詳しくは、左の「カウンセリングページ」をご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
家庭や人間関係の問題は、性格・役割・宿縁・環境などの条件を
精密にプロファイルすれば、上手な係わり方が分かります。
数理的に9,10,12,27,60サイクルの運気律を活用すれば、
自他と情勢をより良くする手立てが見つかります。
年々、月々、移ろってゆく情勢の中で、大事な時機とチャンスを手遅れなく掴み、
行動していただきたいものです。
貯金でも結婚や設立、転職でもそうですが、縁と時機の因縁・因果は、
これからの人生を豊かにする大切な要素となります。
詳しくは、左の「運気開運・相性」ページをご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
生きていることは、何か苦を伴うものですが、
心身の苦痛は、生の喜びや楽しみを損なうものです。
心身は総合的有機的なもので、複合要因から成り立っています。
例えば根本要因が永い期間の改善を要するものでも、作動要因を処置すれば、
苦痛や支障は大きく軽減できるのです。
痛みや不調は、どうか諦めずに、複合的に相乗効果ある手立てと手当てを
行なっていただきたいものです。
詳しくは、左の「ヒーリング」ページをご覧になって下さい。

お知らせ

詳しくはこちら
2019年4月24日 GW並びに令和改元を控えて、平成最後の水曜会 嵐山では桜が終わってツツジが咲き出し、松尾大社では社花のヤマブキが咲いて います。 朝の京都は小ぬか雨ですが、このところ一気に気温が上がったようで、いよいよ ...続きを読む
2019年4月17日 今日から春の土用入りにて、本日は水曜会 今日17日から、春の土用に入りますね。 土用は、立日前日までの18日間だから、5月6日の立夏になるまでは春の土用 期間になります。 「土旺用事」の略が「土用...続きを読む
2019年4月13日 十三参りの本日は、4月度の気の科学体験講座 本日は、4月の第2土曜日に当たり、4月度の気の科学体験講座を開催します。 法輪寺虚空蔵さんの十三参りや、桜を求めて、多くの人が訪れるため、嵐山は入 りが混雑し...続きを読む
2019年4月10日 十三参りの日、4月度の講座を控えて、本日は水 曜会 嵐山の桜も散り始めましたが、めっきり暖かくなったと思えば、今日の京都の最 高気温は9℃だそうです。w 今朝からの雨は夕刻まで続くのだそうで、桜の散るのが惜...続きを読む
2019年4月3日 花見の候、清明を控えて、4月最初の水曜会 4月に入って花冷えの京都ですが、昨日の朝、やけに冷えると思ったら、朝の散 歩で見た愛宕山から北山連峰がうっすら白く雪化粧してました。^^; 明後日の5日...続きを読む

2019年 5月度 「気の科学」体験講座のご案内

★日時:2019年 5月11日(土) 第2土曜 午後2時から午後4時半まで
★講座:2019年「5月度 「気の科学」体験講座」
———————————————————————————————
気のニューテキストには、奇経・交会穴・特効点治療を組み合わせた、
効果的なパワーシール・鍼灸・指圧療法が載っています。
症状別に全てが網羅してありますので、ニューテキストを活用してくださいね。
受講生、及び会員の方は 更新時に1冊無料進呈。会員以外の方は、
1冊1万円で、気を込めてお届けします。

今月のお話

4月は入学や入社、始業の月でもあり、新しい気運が始まっています。
平成も最後の月になりましたが、ふと気づけば、今月のお話がずっと更新せずにほっとらかしになってたし。^^;

最早、嵐山東公園の桜も散り、これからはヤマブキやツツジの候となってきますね。
春の木気から夏の火気に移行する間に、春の土用の期間がありますが、春爛漫にして終わる期間です。
「土旺用事」の略が「土用」で、土気の支配する期間ですので、土の憂悶、脾胃の患いに要注意です。

春の土用は、今年の場合、5月6日の立夏前の18日間。
つまり、4月17日が「土用の入り」になります。

土用の期間は陰陽道で土公神(どくじん)といわれる土を司る神の支配する時期とされ、土を動かす作業 (柱立て、基礎工事、壁塗り、井戸掘りなど)を忌む風習があり、現在でも残っていますね。

ただし1年の中、四季の土用は1/5の期間、これら作業が出来ないことは社会生活上不便も多いことから、方便として「間日」と呼ばれる日が設定されていて、間日の間は土公神が地上を離れるので、 土を動かしても問題がないとされていました。

春の土用は、巳・午・酉の日が間日ですので、木を植えたり、地所を工事するのを大事に気にかける方は、4月18日、26,27,30日にされると良いでしょう。

土公神なんて言うから迷信となるのですが、土気の盛んな期間には土を休めることが、自然への配慮。
農業や林業の知恵でもありましたが、私たちの健康生活にも採り入れるべき理がありますよ。
土気が旺じる期間は、脾・胃つまり消化器官や機能に不調が出ないよう、胃を休めることが大事となります。

土用というのは1年に四季の4回あるのですが、夏の土用しか知らない人も居ますね。^^;
夏の土用の未月は、6か月前の丑の月にちなんで、丑の日に「う」のつく物か、黒い物を食べることが縁起食であり食養でした。

平賀源内が、夏場になると痩せてしまったウナギをスーパーヒットさせた、いわば呪(しゅ)によって、「土用の丑の日、ウナギの日」というのが今も続いているのですわよ。w
確かに、ウナギは「う」が付いて黒いし。w

黒は玄冬の水気の色で、夏には枯渇してるので摂り入れることが推奨されたのです。
その伝から、春の土用には、枯渇した秋の気を摂ることが大事とされ、秋の金気の色である白い食材を摂ることが季節食でした。
秋の土用月に当たる戌月にちなんで、戌の日に「い」のつく物を食べる縁起食までは拘らずとも、春の土用は、白い食材を楽しんでみましょう。w

陰陽五行の理では、土気は水気を剋しますので、土気が過剰になるときは、土気に属する甘味のでんぷん・糖質を意識して控えることが効果的でしょう。
消化しにくい肉類や脂肪分を摂る場合は、消化を良くする工夫も大切ですね。

土剋水を防ぐには、通関の理で、土生金、金生水となるよう、金気を用いることが効果的です。
金は土中で生じるモノで、金気は五色では白に該当します。
したがって、肉などを食する際には、例えば白い根菜である大根おろしを用いるのが効果的ですよ。^^v

陰陽五行の理は、運気にも健康にも、有効に活用のできる優れものです。
時期に適応して運気を良くし、季節に適応して健体康心を目指しましょう。^^v

新着情報

2019/04/23【アラカルト】座るときちょっと意識するだけで、姿勢や出力が良くなる秘訣

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】自他をより良く変える21日行の勧め

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】群を抜きんでる、早着の行

詳しくはこちら

リード・アゲイン

「アラカルト」 87:寝相と眠りの意識的活用

詳しくはこちら

「アラカルト」 84:ストレス対策の食養生

詳しくはこちら

「アラカルト」 75:タマネギで生活習慣病を改善。その最大の活用法。

詳しくはこちら

「アラカルト」 65:鬱的症状に、光と活性リズムを

詳しくはこちら

「ヒーリング」 24:黄砂による咳・喘息の特効ヒーリング

詳しくはこちら

「ヒーリング」 19:眼精疲労の即効治療

詳しくはこちら

研究所概要

詳しくはこちら
研究所名 気の科学研究所
所在地 〒616-0021
京都府京都市西京区嵐山森ノ前町5-27
TEL 075-861-6230
FAX 075-864-6436
受付時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
代表者 福田龍博
業務内容 あらゆる問題の解決に対する個別カウンセリングとコンサルタント。
あらゆる心身の不調に対するヒーリング。
企業研修、接遇研修、自己開発セミナー、法則講座・ヒーリング講座など各種学習会。

大きな地図で見る