気の科学研究所からのメッセージ

img_001-2

気の科学研究所では、あらゆる問題や不調に対して、
多角度からの分析を講じてプロファイルし、総合的効果的な解決を提供します。
どうすれば良いのか分からない問題や、人間関係や先行きの悩み、
どこへ行っても良くならない不調や心身の悩みのある方はどうぞご連絡下さい。
遠くの方は、メールや手紙、電話による相談にも応じていますので、
お気軽に問い合わせ下さい。代表が、責任をもってお答えします。

—————————————————————————————————————————————
人生には、その人固有のプログラムがあり、ステージテーマがあり、
メカニズムが働いています。
自分は今どういう人生のポイントにあり、どうすればうまく行くのか、
あなた自身の傾向と課題、その対策をぜひお知りください。
自分自身の人生のプログラムと運気律、効果的な自己実現方法を知れば、
幸福と願いが成就するための効果的な手立てが見つかります。
詳しくは、左の「カウンセリングページ」をご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
家庭や人間関係の問題は、性格・役割・宿縁・環境などの条件を
精密にプロファイルすれば、上手な係わり方が分かります。
数理的に9,10,12,27,60サイクルの運気律を活用すれば、
自他と情勢をより良くする手立てが見つかります。
年々、月々、移ろってゆく情勢の中で、大事な時機とチャンスを手遅れなく掴み、
行動していただきたいものです。
貯金でも結婚や設立、転職でもそうですが、縁と時機の因縁・因果は、
これからの人生を豊かにする大切な要素となります。
詳しくは、左の「運気開運・相性」ページをご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
生きていることは、何か苦を伴うものですが、
心身の苦痛は、生の喜びや楽しみを損なうものです。
心身は総合的有機的なもので、複合要因から成り立っています。
例えば根本要因が永い期間の改善を要するものでも、作動要因を処置すれば、
苦痛や支障は大きく軽減できるのです。
痛みや不調は、どうか諦めずに、複合的に相乗効果ある手立てと手当てを
行なっていただきたいものです。
詳しくは、左の「ヒーリング」ページをご覧になって下さい。

お知らせ

詳しくはこちら
2018年10月17日 戌月中旬、仏縁を期して、本日は水曜会 先週土曜日に10月度の気の講座を終え、今日17日は壬午で、私にとっては天地徳合日。 契約や登録、開設など、縁を結ぶことが喜び事を招く日に当たり、勧めに応じて中...続きを読む
2018年10月13日 本日は第2土曜、10月度気の科学体験講座開催 ここ1,2日、急速に秋が進んだ感があり、朝夕は半袖だけでは肌寒くなりましたね。w 冷えると、私の膝もそうですが、痛みが生じやすくなるので、身体を温めることが大...続きを読む
2018年10月10日 8日から戌月に入り、3日後に気の講座を控えて 、本日は水曜会 10月8日は二十四節気の「寒露」で、この日から壬戌(みずのえいぬ)月に入りました。 暦書には、「この頃になると陰気増長し、降る露は寒涼なり。」とありますが、朝...続きを読む
2018年10月3日 10月に入り、8日からの戌月を控え、己巳の日 前日、水曜会 9月晦日の台風が過ぎ、10月1日は快晴でしたね。 それから3日間、快晴が続いていますが、朝の気温は17℃で、ノーシャツ・ノーパンで甚兵衛さん着てると肌寒く感じ...続きを読む
2018年9月26日 本日はお彼岸明けにて、9月最終水曜会 今日は彼岸の明けですが、いよいよ秋らしくなってきましたね。 9月17日から八専期間に入り、28日が八専終わり。 八専期間は雨が降るといいますが、今年の秋雨は霧...続きを読む

2018年 10月度 「気の科学」体験講座のご案内

★日時:2018年 10月13日(土)第2土曜 午後2時から午後4時30分まで
★講座:2018年「10月度 「気の科学」体験講座」
———————————————————————————————
気のニューテキストには、奇経・交会穴・特効点治療を組み合わせた、
効果的なパワーシール・鍼灸・指圧療法が載っています。
症状別に全てが網羅してありますので、ニューテキストを活用してくださいね。
受講生、及び会員の方は 更新時に1冊無料進呈。会員以外の方は、
1冊1万円で、気を込めてお届けします。

今月のお話

雨と風のタタリあった9月が終わり、いよいよ秋深まって、冷涼と乾燥の候に入りますね。
こんな季節には、秋晴れのように、晴れ渡る心で居たいものです。^^

冬至を目指して、陰の気は徐々に高まって行きますが、9月に続いた夏日のせいで、身体はまだ夏に適応するモードになっています。
人体にとっては、秋が最も冷えが応えるシーズンなので、寝汗や明け方の冷えには用心が大切です。
身体を内外から冷やさないことも大事ですが、この時期は、水の代謝を良くすることが大事となります。

乾燥と寒冷の気候に順応して、腎を損なわないように注意しましょう。
足のすね骨の内側を強く圧し込んでみて、へこみが出来たなら、それはもう浮腫みがある証明。w
水の代謝が悪くなってるので、腎を整えることが必要です。

天高く、馬肥ゆる秋、と申します。
哀しいことに食欲も進みますが(笑)でんぷん・糖質は土気に属し、土剋水で腎を傷めます。^^;
今年は戊戌年で干支に土気が重なる上の戌の月、水気の腎を傷めないよう注意しましょう。

でんぷん・糖質を減らしたり、オクラやアカモク、キノコや酸味などを用いて血糖値スパイクを解除することにより、血液検査の数値が良くなり、けっこう心身が軽くなるものです。
まして現在、癌や鬱、生活習慣病を治療している人には、ぜひとも勧めたいところです。

癌細胞はブドウ糖をエサにして育ち、ケトン体を嫌います。
人間、でんぷん・糖質を摂らなければ、ブドウ糖をエネルギー源にできず、
脂肪を分解したケトン体がエネルギー源になります。
甘みが欲しければ、糖質0の羅漢果粉末を使うと良いですね。

食事は大事、食餌に非ずです。w
道教にいわく、料理とは、玄妙なる道(タオ)の理を料(はか)る営みであり、かつまた楽しめるものですよ。^^
寒暖の差や心身の乾燥に注意して、気と食を通じて、潤いと歓談を楽しみましょう。^^v

気温が冷えて来ると、筋肉も収縮しがちになり、身体の動きが悪くなったり、関節などが痛むことが増えてきます。
そうした場合、必ず筋繊維の硬結があるのですが、慢性的に固くなってる部分を揉み込んでも症状の全快はないものです。^^;

経絡や筋筋膜のつながりをラインで捉えるか、反対側の効果的な操作が大変重要です。
また、痛みのある部分は作用点であり、その黒幕を捉えることが根本治療には欠かせないことです。

特に痛みや異常を感じない人でも、年齢とともに大事な筋肉が衰え、日頃の動作や姿勢のせいで身体に歪みがあるものです。
身体の前屈や伸展、回旋などで自分の身体の歪みを知って、簡単な操作で身体を蘇らせましょう。
調気功のスワイショウや、四肢調整抜長法などは、短時間で効果のある方法ですので、体験した方は続けるのが良いですよ。w

たいていの方は、普通に立ってても、重心が傾いていることが多いものです。
例えば壁に、踵、お尻、背中、後頭部をぴったり付けて立ってみましょう。
片足を膝が90度になるよう上げて、5秒静止できるかお試しください。

どちらかの足を上げて、片足静止姿勢が取れず、上げた側によろめいてしまうのはカンペキに骨盤から身体が崩れてます。^^;
放っておくと、ますます骨格が歪み、ドミノ倒しのように、色んな障害が出やすいものです。w

TVでもやってましたが、そういう時は形意拳十二形の虎拳の基礎練習が功を奏します。
四つん這いになって、虎の気分にならずとも、赤ちゃんのように、崩れた側と反対側に円を描いて這い這いしましょう。w

最低20周か5分ほどハイハイを続ければ、たいてい1週間足らずで、姿勢や骨格の歪みが直るものです。^^
体験講座では、30秒もかけずに、一瞬で直せるし、誰もができる法がありますが。w

太陽リズムで秋は陰気が増して行きますが、心の中が陰気になると、淋しさや哀しさが増すようです。
行楽の秋と云いますが、待っていずに、行動して、歓びと楽しみを創りましょう。^^v

10月8日から11月6日が戌の月となりますが、年月共に戌が重なる今年の焦点月です。
四柱推命で干から支を見る十二運では、戌は墓3:養3:衰2:冠帯2の分類確率になります。

十二運は表裏ありますので、墓運の働く人は10分の3×2で、単純計算では10人に6人が墓運になります。
墓運というのは太陽リズムが冬至の時期に相当するときで、陰気最も盛んになり心身に陽気を養うことが大事となりますが、先祖や神仏の次元と距離が近づき、仏縁が生じたり神仏の加護が得られるときといわれます。

家の宗旨本尊や氏神神社、自身や家族の守護となる神仏と縁を深めることが、良い効果がありますよ。^^
願う事でなく、祈る事が良いので、神道の祝詞にあるように、「意宣る」意識を込めて宣言しましょう。w
秋の特別拝観や、秘仏公開などに出かけて、神仏と静かに対座してみることも良いですね。

ハレの心で、秋を楽しみ、実りある月になりますように。(念)

新着情報

2018/01/15【アラカルト】自他をより良く変える21日行の勧め

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】群を抜きんでる、早着の行

詳しくはこちら

リード・アゲイン

「アラカルト」 23:枕の向き八方位:北枕の真実

詳しくはこちら

「アラカルト」 24:秋の寝冷え対策

詳しくはこちら

「アラカルト」 15:「酢」の効用

詳しくはこちら

「アラカルト」 21:中秋の名月にちなんで、十五夜の満月閑話

詳しくはこちら

研究所概要

詳しくはこちら
研究所名 気の科学研究所
所在地 〒616-0021
京都府京都市西京区嵐山森ノ前町5-27
TEL 075-861-6230
FAX 075-864-6436
受付時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
代表者 福田龍博
業務内容 あらゆる問題の解決に対する個別カウンセリングとコンサルタント。
あらゆる心身の不調に対するヒーリング。
企業研修、接遇研修、自己開発セミナー、法則講座・ヒーリング講座など各種学習会。

大きな地図で見る