気の科学研究所からのメッセージ

img_001-2

気の科学研究所では、あらゆる問題や不調に対して、
多角度からの分析を講じてプロファイルし、総合的効果的な解決を提供します。
どうすれば良いのか分からない問題や、人間関係や先行きの悩み、
どこへ行っても良くならない不調や心身の悩みのある方はどうぞご連絡下さい。
遠くの方は、メールや手紙、電話による相談にも応じていますので、
お気軽に問い合わせ下さい。代表が、責任をもってお答えします。

—————————————————————————————————————————————
人生には、その人固有のプログラムがあり、ステージテーマがあり、
メカニズムが働いています。
自分は今どういう人生のポイントにあり、どうすればうまく行くのか、
あなた自身の傾向と課題、その対策をぜひお知りください。
自分自身の人生のプログラムと運気律、効果的な自己実現方法を知れば、
幸福と願いが成就するための効果的な手立てが見つかります。
詳しくは、左の「カウンセリングページ」をご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
家庭や人間関係の問題は、性格・役割・宿縁・環境などの条件を
精密にプロファイルすれば、上手な係わり方が分かります。
数理的に9,10,12,27,60サイクルの運気律を活用すれば、
自他と情勢をより良くする手立てが見つかります。
年々、月々、移ろってゆく情勢の中で、大事な時機とチャンスを手遅れなく掴み、
行動していただきたいものです。
貯金でも結婚や設立、転職でもそうですが、縁と時機の因縁・因果は、
これからの人生を豊かにする大切な要素となります。
詳しくは、左の「運気開運・相性」ページをご覧になって下さい。

—————————————————————————————————————————————
生きていることは、何か苦を伴うものですが、
心身の苦痛は、生の喜びや楽しみを損なうものです。
心身は総合的有機的なもので、複合要因から成り立っています。
例えば根本要因が永い期間の改善を要するものでも、作動要因を処置すれば、
苦痛や支障は大きく軽減できるのです。
痛みや不調は、どうか諦めずに、複合的に相乗効果ある手立てと手当てを
行なっていただきたいものです。
詳しくは、左の「ヒーリング」ページをご覧になって下さい。

お知らせ

詳しくはこちら
2018年9月19日 秋の彼岸入り前日、本日は水曜会 今朝の気温は19℃で肌寒さを感じるほどでしたが、昼前の気温は昨日と同じく30℃。^^; 日差しも強く散歩には甚兵衛さんと日傘を用いてますが、暑さ寒さも彼岸まで...続きを読む
2018年9月12日 本日は大安、一粒万倍、天赦日重なり、アカモク 使って水曜会 9月8日の白露を越えて、昨日の朝の散歩はツクツク法師やコオロギの声が聞こえてましたが、雨が上がった火曜日からめっきり涼しくなりましたね。 嵐山東公園では、台風...続きを読む
2018年9月8日 本日は「白露」にて辛酉月初日、9月度の気の科 学体験講座開催 9月8日は二十四節気の「白露」で、今日から辛酉(かのととり)月に入ります。 「白露」は、朝夕涼しくなって庭に降りた露が白いという意味ですが、この頃は朝の散歩で...続きを読む
2018年9月5日 戦後最大風速の台風一過、9月度の講座を控え、 我が家は無事にて月初の水曜会 2度目の台風一過でしたが、一向に気候は秋めかず、今日も今日とて真夏日ですね。^^; 昨日は阪急電車が動かず、いづみが通勤できないため、夫婦そろって家籠り。 ...続きを読む
2018年8月29日 8月最終水曜日、天一天上にて、本日は水曜会 台風一過の後も、暑い日がこれでもかと続いていますね。^^; あと2日で8月も終わりですが、今日も35℃超えで、朝の散歩ではセミの声なく、赤トンボが飛んでました...続きを読む

2018年 10月度 「気の科学」体験講座のご案内

★日時:2018年 10月13日(土)第2土曜 午後2時から午後4時30分まで
★講座:2018年「10月度 「気の科学」体験講座」
———————————————————————————————
気のニューテキストには、奇経・交会穴・特効点治療を組み合わせた、
効果的なパワーシール・鍼灸・指圧療法が載っています。
症状別に全てが網羅してありますので、ニューテキストを活用してくださいね。
受講生、及び会員の方は 更新時に1冊無料進呈。会員以外の方は、
1冊1万円で、気を込めてお届けします。

今月のお話

9月8日が二十四節気の「白露」で、これより辛酉月に入ります。
9日までは宿曜陵逼(すくようりょうじ)期間で、イレギュラーな事態の発生や良くない因縁生起に用心して、確認に念を入れましょう。

空海の持ち帰った古法二十七宿は、我が国でも朝廷の行事や武将の戦略にも重宝され、その的中率から幕府の命によって、一般には「お止め流」になったものです。
その「三九の秘宿」や「七曜陵逼秘伝」は厄難に遭わない自律法として興味深いものがあります。

が、密教では、私たちの習慣の集積=業は、身口意(しん・く・い)の三密で形成されていると説きます。
それを意識して解脱するのが密教の行ですが、習慣となり習い性となった良くないことを改良し、新たな良いものを身に付けることが進化・成長の道ですね。

身とは、自身の表情、姿勢、態度、しぐさなどを指します。
口とは言葉や口調、言い方などで、意とは考え、思い、意識、感情などを指します。
この期間は意識して、身口意の改良・改善から自身の見事化を目指して行じることが大事なのでは?と思います。

何も意識しないで表している顔の表情一つでも、ふと鏡に映して見てみましょう。
顔の造作ではなく、好感を持てたり、安心できる顔の表情は、人に振舞っても喜ばれるものでしょう。w

9月といえば秋の彼岸が始まりますが、23日の秋分の日をはさんだ前後3日がお彼岸の期間です。
したがって、20日から26日までの7日間が、秋の彼岸の期間となります。

お彼岸といえば墓参りが風習となっていますが、実はインドや中国など世界を見ても「お彼岸にお墓参りをする」という文化があるのは日本だけです。
元々農耕民族であった日本人には仏教が伝来する前から先祖供養と自然に感謝する習慣がありました。

芽吹きの春には1年の豊作を願い、豊穣の秋には太陽とご先祖様に収穫を感謝するという意味合いが春分の日、秋分の日にも込められているのでしょう。
自然への信仰と先祖供養が仏教の「彼岸=極楽浄土」の教えと結びつき、春分・秋分の日を中心にご先祖様の供養をお彼岸に行うようになったとされています。

彼岸という呼び方は「到彼岸」の略した名前で、これはサンスクリット語の「パーラミター(波羅蜜多)」という言葉の訳です。
到彼岸とは、「あちらの岸(あの世)」のことを指し、悟りの世界である「極楽浄土」だと信じられていました。
それに対して、「こちら側(この世)」には迷いや苦悩に満ちあふれている世界だとされています。

彼岸=極楽浄土に行くために、この世から迷いや苦悩を断ち切るためにはどうすればいいのでしょうか?
それは、仏教の「六波羅蜜」という教えを実践して、悟りを開くことだ言われています。

ゆえに、お彼岸は岸の向こう側にいるはずである先祖のことを思って手を合わせるだけの日ではないのです。
お彼岸の期間は先祖への感謝の一方で、自身のため、自身の心魂のための修行の機会でもあります。

六波羅蜜(ろくはらみつ)とは、以下のような行を指します。
1.布施(ふせ)、人に施しを与えること。
2.持戒(じかい)、戒律を守り、省みること。
3.精進(しょうじん)、つねに努力すること。
4.忍辱(にんにく)、苦しくても耐えること。
5.禅定(ぜんじょう)、瞑想などで心を落ち着かせ、安定すること。
6.智慧(ちえ)、正しい判断力をもち、物事の真実を見る目をもって発揮すること。

この6つの徳目、六波羅蜜を実践することで私たちは悟り、浄土の世界に到達できる人になる、と言われています。
特に6つ目の徳目を心がけて実行していくことは難し過ぎることですが、せめてお彼岸の期間だけでも、意識して実践して行こうぜ、というのが仏の教えなのでしょう。

行というものは意識行動であり、武術もスポーツも学習も、如何なる技術も、意識して行い続けねばものになりません。
より良くなるには何をどうすればと、意識して行動し、それが無意識になって定着した時が会得した時です。

人も生物ですので、その命題は、適応と進化です。
慣れてただ適応するだけでなく、工夫し、進化を・成長を目指すのが人の人たるゆえんですね。w

墓参りもそうですがせめてこの期間は、ご縁と感謝に意識を向けて、心穏やかに過ごしたいものですね。
折しも9月8日からの辛酉月は、七赤金星中宮の月です。
課題律の上で七赤金星に同会するときは、日常生活や人と接する中から喜びや楽しみを見出して味わうこと、自他ともになる喜びや楽しみを作り出して行くことが課題と捉えています。

笑顔を見せて、明るい笑い声をあげ、談笑の機会を多くして、一人で食事する際もよく味わって、快い生活を目指しましょう。^^v
快いことは楽しみであり、ありがたいことですので、独り悦び、人と歓び、今日あることを慶び、喜びある月となりますように。(念)

新着情報

2018/01/15【アラカルト】自他をより良く変える21日行の勧め

詳しくはこちら

2018/01/15【アラカルト】群を抜きんでる、早着の行

詳しくはこちら

リード・アゲイン

「アラカルト」 23:枕の向き八方位:北枕の真実

詳しくはこちら

「アラカルト」 24:秋の寝冷え対策

詳しくはこちら

「アラカルト」 15:「酢」の効用

詳しくはこちら

「アラカルト」 21:中秋の名月にちなんで、十五夜の満月閑話

詳しくはこちら

研究所概要

詳しくはこちら
研究所名 気の科学研究所
所在地 〒616-0021
京都府京都市西京区嵐山森ノ前町5-27
TEL 075-861-6230
FAX 075-864-6436
受付時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
代表者 福田龍博
業務内容 あらゆる問題の解決に対する個別カウンセリングとコンサルタント。
あらゆる心身の不調に対するヒーリング。
企業研修、接遇研修、自己開発セミナー、法則講座・ヒーリング講座など各種学習会。

大きな地図で見る